総合トップへ

避難所の種類・ルールについて

最終更新日:2021年7月12日
 災害はいつ襲って来るかわかりません。日頃からの備えが被害を最小限におさえます。

 災害に備えて自分の地域の避難所をあらかじめチェックし、そこへ行くまでのルートを確認しておきましょう。

 

 

自主避難所とは

  • 避難する場所として、知人や親戚の家などの安全な場所を、事前に自分で確保しておく必要があります。それができない人のために、市では台風接近等の際に「自主避難所」を開設しています。
  • 自主避難所は、市が法律に基づき「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」を発令する際に開設する「指定避難所」とは異なり、一時的に開設するものです。そのため、自主避難所は、台風などによる危険が去れば閉鎖します。
  • 台風の進路等に応じて開設します。避難の前には、必ず災害対策本部、または防災危機管理室に確認してください。
  • 飲料水、食事、寝具等はありません。各自で準備してください。
  • 台風の時は、一旦避難したら危険防止のため、施設への出入りは最小限にしてください。
  • 避難所での飲酒はできません。
  • ペットと避難するときは、避難所が決めたルールに従ってください。避難所によっては、受け入れできないところがあります。

 

 

指定避難所とは

  • 指定避難所は、市が法律に基づき「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」を発令するときに開設します。
  • 災害の状況に応じて開設し、一定期間滞在できる避難施設です。
  • 飲料水など必要最低限の生活物資は市で手配します。
  • 避難所での飲酒はできません。
  • ペットと避難するときは、避難所が決めたルールに従ってください。避難所によっては、受け入れできないところがあります。
 
 

指定緊急避難場所とは

  • 指定緊急避難場所とは、洪水や土砂災害などの切迫した災害の危険から逃れるために「緊急」に「一時的」に避難するための施設です。
  • 指定緊急避難場所に避難した後は、状況に応じて速やかに指定避難所に移動することになります。
  • 避難所での飲酒はできません。
  • ペットの受け入れは原則できません。
  • 指定避難所開設時に開設します。

 

 

福祉避難所とは

  • 障害のある人や介護認定を受けた人など、一般の指定避難所では避難生活に支障がある人のための避難施設です。
  • ペットの受け入れは原則できません。
  • 指定避難所開設時に開設します。

 

市内の自主避難所・指定避難所・福祉避難所別ウィンドウで開きます

 

 

このページに関する
お問い合わせは

防災危機管理室
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎北別館4階)
電話:0944-41-2894
ファックス:0944-41-2893
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:7940)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。