総合トップへ

戦没者の遺族に対する特別弔慰金について(第十一回特別弔慰金)

最終更新日:2020年3月30日
第十一回特別弔慰金の請求について 

請求期間

 令和2年4月1日から令和5年3月31日まで

 (この期間を過ぎると請求できなくなりますので、ご注意ください。) 

 

支給対象者

  令和2年4月1日時点で、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を

 受ける人(戦没者等の妻や父母)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給されます。 
 

 戦没者等の死亡当時のご遺族で

 1.令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した人
 2.戦没者等の子
 3.戦没者等の ⓵父母 ⓶孫 ⓷祖父母 ⓸兄弟姉妹

   ※ 戦没者等の死亡当時、生計関係を有している等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。
 4.上記1~3以外の戦没者等の三親等内の親族で、戦没者の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係があった人 

  

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

 

請求に必要なもの

請求者の戸籍抄本、弔慰金の受け取りに使う印鑑、本人確認ができるもの(免許証等)など。詳しくはお問合せください。

 

留意事項

特別弔慰金は、ご遺族を代表するお一人が受け取るものです。

ご遺族間の調整は、記名国債を受け取った人が責任を持って行うことになります。

 

請求窓口・問い合わせ

福祉課障害福祉担当(本庁舎新館1階) 

TEL:0944-41-2663

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 障害福祉担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎1階)
電話:0944-41-2663
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:8241)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。