総合トップへ

クリミア・コンゴ出血熱について

最終更新日:2017年6月27日
 厚生労働省は、平成28年9月にスペインの首都マドリッドにおいて、クリミア・コンゴ出血熱が西ヨーロッパで最初の国内感染例の発生として確認されたことから注意喚起を行っているところです。
 今般、アフリカ北西部のモーリタニアにおいても発生が確認されたことから、改めて海外渡航を予定されている方に注意喚起が行われています。
 クリミア・コンゴ出血熱に関しては、ウイルスを有するマダニに咬まれること、ウイルスに感染した動物や人の血液等に接触することを通して感染することが知られており、発生地域に渡航される際には、ダニに咬まれない、家畜などにむやみに触れない等の予防措置を講じるとともに、発生地域から帰国し、疑わしい症状がある場合には、早期に医療機関を受診し、適切な治療を受けることが重要です。

発生地域

 中国西部、東南アジア、中央アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカ。

 

感染経路

  ウイルスを保有したマダニに咬まれたり、感染動物(特にヒツジなどの家畜)と接触したりして感染する。
 

主な症状

 2~9日の潜伏期間ののち、発熱、関節痛、発疹、紫斑(出血)、意識障害など。

 

予防方法

 ・草の茂ったマダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用し、素足でのサンダル履き等は避ける。
 ・家畜などにむやみに触れない。
 

関連リンク先

クリミア・コンゴ出血熱について(厚生労働省ホームページ)

クリミア・コンゴ出血熱とは(国立感染症研究所)

 


このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 保健衛生課
〒836-0843
福岡県大牟田市不知火町1-5-1(大牟田市保健センター2階)
電話:0944-41-2669
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:8330)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。