総合トップへ

剪定枝チップを活用してみませんか

最終更新日:2011年10月5日
 
 

剪定枝チップを活用してみませんか



 せん定枝チップの写真

 市では家庭で出た剪定枝をごみとして出さず、有効に活用していただけるように、剪定枝チップ機の無料貸し出しを行っています。
 剪定枝チップ機の無料貸し出しは、大牟田市ホームページ『剪定枝チップ機無料貸し出しのお知らせ』をご覧ください。
 
 剪定枝チップは、土の上に撒いたり土に混ぜたりすることで、以下の効果が期待できます。
   ・雑草の抑制
   ・土の乾燥の抑制
   ・堆肥化や土壌の改良   
 
 ここでは、市内で実際に剪定枝チップを活用されている例をご紹介します。剪定枝チップを活用され、畑をされている方を、取材させていただきました。  

 

≪剪定枝チップを使った土壌改良例≫

 ◇剪定枝チップと葉を土に埋め、微生物の力を借りて、土ごと発酵させ堆肥化されているそうです。
 剪定枝は、切ってすぐチップ機で粉砕したもので、葉も使います。
 

【準備する物】

   ・米ぬかまたは米ぬかボカシ
   ・ジョウロ
   ・溜め水(雨水などを溜めたもの等。)
   ・あれば微生物液(EM液など)※なくてもよい。
   ・鍬

       
  作業手順 

畝を作った様子
・はじめに畝を作ります。
・畝の中央に深さ20cm程度の溝を掘り、剪定枝チップを入れます。
 


 

 
畝の溝にせん定枝と葉を入れた様子
・粉砕した剪定枝(チップ)と葉を、溝の3分の1程度の深さまで入れます。
・剪定後すぐに枝をチップにし、生木の状態で使用します。
・剪定して時間が経ったものは、乾燥しているため土に戻りにくく、本来、木の皮などに多く含まれ 
 るミネラル分も損なわれてしまいます。
 

 
鍬でならしている様子
・剪定枝チップを入れたら、鍬でならして足で踏みます。
・足で踏むことで枝や葉に傷がつき、微生物が分解しやすくなります。
 

 
 
米ぬかをせん定枝の上にふりかけている様子
・米ぬかまたは米ぬかボカシを入れた剪定枝チップの上にふりかけます。
・このとき、あまり米ぬかが多いと固まりになって腐敗してしまうので、薄く一面に撒きます。
・米ぬかを撒いた後に、再度足で踏みます。
 
 
 
 
溜まり水をジョウロに入れている様子
・ジョウロに溜まり水(雨水を溜めたものなど)を汲み、微生物液(EM液など)を少量加えます。
 

 
米ぬかをしいたせん定枝の上から水をかけている様子
・米ぬかを撒いた上から、たっぷりとジョウロで水をかけます。
 
 

 
両脇に盛った土を溝に戻している様子
・両脇に盛った土を溝の上に被せて戻します。
 
※一般的に、針葉樹よりも広葉樹のほうが堆肥化には向いているといわれています。
  針葉樹(松、もみの木、槇、杉など)については、微生物による分解に時間がかかるため、枯らした後に庭の角などに埋め、米ぬかボカシを薄くふり掛け、土を10cm程度被せておくと土に還すことができます。

 
 

 ≪雑草の繁殖抑制の例≫

 ◇チップをビオトープ(生物が生息する空間)の遊歩道に活用された例です。

 

せん定枝チップを敷き詰めた遊歩道の写真

 

 

このページに関する
お問い合わせは

環境部 環境業務課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎南別館1階)
電話:0944-41-2723
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:835)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。