総合トップへ

1日講師チャレンジ講座 レポート

最終更新日:2017年10月8日

 

1日講師チャレンジ講座 レポート

マナビー

1日講師チャレンジ講座は、市民が研究したことや長年続けている趣味をテーマに、

      1日だけ講師を務める講座です。

      全5回が盛況のうちに終了しましたので、各回の様子を紹介します。

 

8月18日 大蛇山でおなじみの横笛を吹いてみよう (講師 佐野 聖翠)

8月27日 今しか聴けない三池炭鉱今昔物語 (講師 宮脇 好光)

9月 3日 ♢♣カードマジック入門♡♠ (講師 岡浦 俊行)

9月10日 子どもにとって大切なこと (講師 吉冨 成美)
 9月16日 大牟田・櫟野の再発見 (講師 前原 八壽之)

◇1日講師チャレンジ講座/受講生募集時のチラシ 

 

大蛇山でおなじみの横笛を吹いてみよう - 曲が演奏できるドレミ調横笛♪ -

 

佐野0

■日時 8月18日(木)午後1時30分~3時30分

■会場 えるる 3階 音楽室

■講師 佐野 聖翠  ■参加者 17人

 

  佐野さんは、参加者が楽しんで篠笛の良さに触れて頂きたいとの思いで、しっかり準備を整え臨まれました。参加者もとても楽しそうに笑顔で受講していました。終了後は、もっと学びたいとの意見が多く、今後の学びにもつながるとてもいい講座となりました。
講師の佐野さんの満足度も高く、今後もっと大牟田へ篠笛を広めたいと、新たな気持ちで夢をふくらませてあります。ボランティア登録派遣事業にも登録されボランティア活動も開始されました。

佐野1
佐野2
佐野3

参加者全員へ個人指導中です

 

丁寧な指導が好評でした

上達が早くみんな驚きと喜びでいっぱい!

 

【参加者の声】
・大蛇山まつりで吹かないといけないのですが、子どもたちと違って、なかなか思うようにできず今回とても基礎から理解できて良かったです。女性部での練習に活かしてみます。ありがとうございました
・楽しく、わかりやすい、時間でした。
・とても豊かな時間を過ごすことができました。篠笛を吹いてみたことはありますが、より世界を広げたいと思い参加しました。楽しみ方なども教えていただけてうれしいです。ありがとうございました。
・篠笛は、とても面白いと思いました。ありがとうございました。
・また来年も篠笛講座あればいいなと思います。
 

今しか聴けない三池炭鉱今昔物語 - あなたの知らない歴史 地下からのお話 -

宮脇0
■日時 8月27日(土)午前10時~正午
■会場 えるる 2階 小研修室
■講師 宮脇 好光  ■受講者 41人


宮脇さんは、三川坑が閉山するまでの36年間を、地下の現場で電気技術者として働いてありました。「世界遺産となった今、三池炭鉱の素晴らしさを、市民の皆さんに伝えたい!」という想いで、この1日講師にチャレンジされました。
構内の様子などたくさんの写真を交えて、炭鉱の光と影の双方の視点で講義が進みました。内容は普段聞くことができないような、地下での体験など話があり、印象深いものとなりました。
宮脇3
宮脇2
宮脇1
映像を交えた話に、受講者は熱心に耳を傾けていました
会場いっぱいの受講生講座で使用した写真(高木尚雄氏撮影)
【参加者の声】
・とてもよくわかりました。書籍だけでは、知り得ない情報を体験もとに語って頂き、勉強になりました。
・体験者の話が、一番説得力がある。
・すばらしいお話が聞けました。大牟田の他の方々にも是非受けてほしい講座です。どんどん機会を設けて開催してください。
・これだけの資料をよくぞ保存、集められたものと感動しました。本当に貴重な時間をありがとうございました。
・実際の体験に基づいた話で感動した内容でした。また、写真主体で分かりやすかった。良く体系的な流れに沿っており、分かりやすかったです。
・知らないことばかりの素晴らしい話でした。感動しました。多くの人に聞いてもらいたい話です。
・大牟田の炭鉱の歴史を語りついでいる、貴重な方の話を聞くことができました。このような講座を続けてください。
・公民館でもやってください。
・チャレンジ講座初めてでしたが、楽しかったです。次回も楽しみ!
・大牟田市民として炭鉱の歴史を知ることは、とても大切なことだと思います。若い世代にも伝えていきたいです。
 
 

♢♣カードマジック入門♡♠ - マジックの不思議な世界を体験しませんか? -

岡浦3.JPG
■日時 9月3日(土)午前10時~正午
■会場 えるる 2階 中研修室
■講師 岡浦 俊行  ■参加者 14人


生涯学習ボランティアとして活躍されている岡浦さんが、ボランティアで培ったマジックの技を受講生に伝えました。講師は人前に立つことに慣れており、説明も分かりやすく、和やかな雰囲気で講座が進みました。実戦形式ということで、中にはついていけない方がいましたが、机を班にしていたこともあり、受講生同士で教えあう様子が見られました。


岡浦4.JPG
岡浦2.JPG
岡浦1
若い世代の参加もありました実践しながらマジックを覚えていきますみんな真剣にマジックを学ぶ、良い講座になりました。
【参加者の声】
・あっという間の2時間でした。先生の笑顔がとても素敵!丁寧に親切に教えていただき、ありがとうございました。参加者の方とも仲良くなれてとても楽しい講座でした。
・分かりやすく大変面白かった。講師とサポーターの方々の教え方が分かりやすかった。
・再度教えて欲しいと思います。
・もっといろんなマジックを教えていただきたい。
・定期的に開催したら良いと思います。
・もう一度先生のこの講座を受けたいです!!
・時々また習いたい。次回の講習を楽しみにしています。
 

子どもにとって大切なこと - スマホやTVに子守をさせていませんか? -

吉冨0.JPG
■日時 9月10日(土)午前10時~正午
■会場 えるる 3階 音楽室
■講師 吉冨 成美  ■受講者 14人

子育て支援活動に長年従事してきた吉冨さんが、メディア(テレビ、パソコン、スマホなど)が小さい子どもの発達にどのような影響を及ぼすのか、メディアと上手につき合っていくためにはどうしたらいいのかを熱く優しく語りました。子どもに大切な遊びを体験したり、みんなで輪になり子育てについて語ったりしながら、子どもにとって大切なことを学び合うことが出来ました。


吉冨1.JPG
吉冨2.JPG
吉冨3.JPG
子どもの目線で遊びを体験中世代間交流も出来ましたママが勉強中保育士さんが見守り
【参加者の声】
・子育ては終わりましたが、自分の子育てを振り返りながら、聞かせていただきました。反省ばかりですが、とてもなつかしい気持ちにもなりました。若いお母さんたちに向けた講座でいつか話していただきたいです!!ありがとうございました!!
・若いお母さんたちも参加されていたので、これからの子育てに役立てると思いました。
・大変いいお話を聞かせていただきました。先生の子育てに対する情熱が伝わってきました。子育ては終わっても、いろんなところで、子どもさんの保護者の方と関わるので役立てたいと思います。
・方言も入り、とても楽しい講話で参加して良かったです。面白いゲームやおもちゃも調べてスキンシップとりたいと思います。
・吉冨さん~☆良かったですよ~!!ホント子は宝♪私も今日のことを大切に子育てしていきたいと思います。
・また、参加したいです。ありがとうございました。
 

大牟田・櫟野の再発見 - 櫟野石工の発展に影響を与えた二人の人物  -

前原3.JPG
■日時 9月16日(金)午前10時~正午
■会場 えるる 2階 中研修室
■講師 前原 八壽之  ■参加者 34人


帰ってきた1日講師として2回目の講座に臨まれた前原さんは、一年かけて仲間と共に調査し、学んでこられました。その熱い想いが、そのまま受講生へ届くような講座でした。パワーポイントの製作から、講座の時間配分等の構成まで、万全の準備が輝きました。受講生は、新たな発見に喜びを現していました。まだまだ続く、櫟野の学びを感じることができました。 


前原2.JPG
前原4.JPG
前原1.JPG
櫟野ロマンを求めて多くの方が・・・画像と動画を駆使して講座を進行石工の道具に真剣なまなざしが!!
【参加者の声】
・櫟野の石工さんのことが良く分かりました。郷土のことをもっと知りたいと思います。
・私にとって全く新分野知識を学ぶことが出来、愉しい充実の時間でした。
・市制100年、世界遺産登録等、先人が築いた地域の文化にスポットライトが当てられ始められました。櫟野、勝立の人々の綿々たる努力、工夫、創造力、ご苦労を伝承し、次世代へのはずみとしたいですね。頑張ってください。私も細々と古民家のことを学んでいます。
・石工、櫟野の歴史についての再発見をこれからも頑張ってください。
・新しいことが又出てきましたら、来年もまた講座をお願いします。
・初めて参加しました。大変勉強になり、楽しかったです。
・櫟野は好きで時々散歩します。本日は知らなかったことが分かり大変良かったです。
・櫟野の財産、大牟田の財産を詳しく知り得ることができました。このような機会を沢山増やされて、自分たちの祖先を知ることを増やしたいです。
・また地元に根ざした講演をききたいです。例えば高取から焼石山にいたる断層など。
・生涯学習の理想を体現する素晴らしい事業だと思います。益々のご発展を祈ります。



このページに関する
お問い合わせは

大牟田市生涯学習まちづくり推進本部(事務局:生涯学習課)
〒836-0872
福岡県大牟田市黄金町1丁目34番地
電話:0944-41-2864
ファックス:0944-41-2210
メール machidukuri@city.omuta.lg.jp
(ID:8444)
別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。