総合トップへ
2016年11月12日 ~ 2016年11月13日

市制100周年記念「まちなかなぞとき宝さがし」イベントが開催されました

最終更新日:2016年11月14日
まちなかなぞとき宝さがし
 11月12日、13日、「まちなか」では、楽しいイベントが開催されました!
「まちなかなぞとき宝さがし」、「まちなかめぐり」、「まちなかマルシェ」、「ふる里おおむた屋」、そして13日午後は「新銀座夜市」も同時開催で、一日では遊びきれないほど

「まちなかなぞとき宝さがし」には、約1,000人が参加し、同行者まで含めると約3,000人もの人でにぎわいました。

  商店街の各地点に散りばめられたヒントをもとに謎に挑みますが、参加者同士で助け合ったり、商店街の方にアドバイスを求めたりする姿も見受けられました.
 大人も子どもも真剣です。
 特に、最後の謎は難易度が高く、参加者の皆さんは、謎を解き明かした達成感を味わっていました。
 この謎を最初に解きあかした仲良しご家族は、ほとんど息子さんのヒラメキで解けたそうです
 また、福岡市や大川市からご参加のグループには、最後の抽選会で素敵な景品も当たり、2倍の楽しさだったとのこと!

 さらには、「まちなか」をたくさん歩き回ったことで、新しい店を見つけたとの声も。
 新たな「まちなか」の魅力を発見することにもつながったようですよ!

当日の様子

スタート地点なぞときヒントパネル
パネルをみてなぞ解き
西鉄新栄町駅前で参加受付
「ようこそ!タムオオへ」
街なかには、ヒントが設置されています。なぞを解きながら、街をめぐります。
なぞを解く様子炭鉱マンからヒント最初の正解者
 難しさに、ついにはアーケードに座り込んで集中してしまうほど。チェックポイントで炭鉱マンに最後のなぞの手がかりをもらいます。なぞとき報告所では、「正解!おめでとうございます!」の声で参加者に笑顔が溢れます。
他市からの参加者マルシェ
     さらに、抽選で素敵な景品が当たり、笑顔100%☆   同時開催されたマルシェも、多くの方でにぎわっていました。
 PR動画や当日の様子は、なぞ解き宝さがしfacebookでご覧いただけます。

facebook QR




このページに関する
お問い合わせは

産業経済部 産業振興課 商業・サービス業支援担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎3階)
電話:0944-41-2762
ファックス:0944-41-2751
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:8620)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。