総合トップへ

蚊媒介感染症(デング熱・ジカウイルス感染症など)について

最終更新日:2019年8月31日
 

蚊媒介感染症(デング熱・ジカウイルス感染症など)について

   蚊媒介感染症のうちチクングニア熱については、これまで国内感染症例は報告されていませんが、今年6月以降ミャンマーが感染地域と推定される輸入症例が3年ぶりに複数例報告されています。また、デング熱についても、東南アジア等において流行が報告されています。

 来月には、ラグビーワールドカップの開催も控えており、今後、流行地域からの渡航者の増加が見込まれますので、改めて蚊媒介感染症対策に留意することが重要です。

 

蚊媒介感染症とは

蚊媒介感染症とは、ウイルスを持つ蚊に刺されることによって起こる感染症です。感染した人の血を吸った蚊が他の人を刺すと感染が拡がります。

代表的なものには、「デング熱」、「ジカウイルス感染症」、「チクングニア熱」、「日本脳炎」、「ウエストナイル熱」、「マラリア」があります。

海外では、蚊が媒介する感染症が多く報告されており、海外などで感染し、帰国後の国内で蚊に刺され、その蚊が他の人を刺した場合に感染する可能性があります。

これらの感染症の多くは、日本に広く生息する「ヒトスジシマカ」なども媒介できることがわかっています。

 

 

予防策

蚊との接触を避け、「刺されない」、「蚊を増やさない」ことが重要です。

  1. 長袖、長ズボンを着用するなど、屋外の作業において、肌の露出をなるべく避けましょう。
  2. 虫よけ剤等を使用し、蚊に刺されないようにしましょう。
  3. 室内の蚊の駆除を心掛けましょう。
  4. 蚊の幼虫の発生源を作らないよう、家の周囲で不要な水たまりをなくすようにしましょう。

 

 

ポスター

  • バリアーで身を守れ                                      ヒトスジシマカの発生源をたたけ
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          主な蚊媒介感染症

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          デング熱

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 人が感染しても、発生する頻度は10%から50%で、予後は比較的良好な感染症です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 蚊を媒介して感染するので、人から人へ直接感染することはありません。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          <症状>

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 突然の発熱、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛、発疹等が現れます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 潜伏期間は2日から15日と言われており、多くは3日から7日で発症します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • まれに重症化してショック症状や出血傾向を呈することがあります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          <治療法>

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 特異的な治療法はなく、対症療法が主体となります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 現在のところ、有効な抗ウイルス薬はありません。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          <関連情報>

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          デング熱について(厚生労働省)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          デング熱に関するQ&A(厚生労働省)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          ジカウイルス感染症

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 中南米を中心に、ジカウイルス感染症が多数報告されています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • ブラジルにおいて、小頭症の新生児が増えており、ジカウイルスとの関連が示唆されています。このため、妊婦及び妊娠の可能性がある方の流行地への渡航を控えたほうが良いとされています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          <症状>

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛などが主な症状です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 潜伏期間は2日から12日と言われ、多くは2日から7日で発症します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 妊婦の感染は、胎児の小頭症の発生の原因になることや、ギラン・バレー症候群の原因になることがわかっています。 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             ※ ギラン・バレー症候群

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                複数の末梢神経が障害される病気です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          <治療法>

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 特異的な治療法はなく、対症療法が主体となります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 現在のところ、有効な抗ウイルス薬はありません。 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        •  

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          チクングニア熱

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 病名は、「激しい痛みのために体を折り曲げて歩く様子」を意味するアフリカの言葉から来ています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • これまで国内感染症例は報告されておりませんが、2019年6月10日から7月28日の間に8例の輸入症例が報告されています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          <症状>

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 発熱、発疹、関節痛などが主な症状で、関節痛は急性症状が軽快した後も、数週間から数か月にわたって続く場合があります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 潜伏期間は2日から12日と言われ、多くは3日から7日で発症します。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 重症例では神経症状(脳症)や劇症肝炎が報告されています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          <治療法>

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 特異的な治療法はなく、対症療法が主体となります。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 現在のところ、有効な抗ウイルス薬はありません。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        •  

                                                                                                                                                                                  このページに関する
                                                                                                                                                                                  お問い合わせは

                                                                                                                                                                                  保健福祉部 保健衛生課
                                                                                                                                                                                  〒836-0843
                                                                                                                                                                                  福岡県大牟田市不知火町1-5-1(大牟田市保健センター2階)
                                                                                                                                                                                  電話:0944-41-2669
                                                                                                                                                                                  お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
                                                                                                                                                                                  (ID:9220)
                                                                                                                                                                                  別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます

                                                                                                                                                                                  ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
                                                                                                                                                                                  PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。