総合トップへ

動物由来感染症ついて

最終更新日:2018年1月16日
 コリネバクテリウム・ウルセランスによる感染症について、今般、国立感染症研究所における研究結果を踏まえて、厚生労働省のQ&Aが更新されました。飼育している犬や猫が咳やクシャミ、鼻水などの風邪様症状、皮膚炎などを示しているときは、早めに獣医師の診察を受けるようにしてください。また、こうした犬や猫に触る場合は、手袋やマスクをし、触った後は手洗いなどを励行してください。
 

動物由来感染症とは

 「動物由来感染症」とは、動物から人に感染する病気の総称です。人と動物に共通する感染症として、「人畜共通感染症」や「ズーノーシス」とも言われます。

 なお、「動物由来感染症」には、人も動物も重症になるもの、動物は無症状で人が重症になるもの等、病原体によって様々なものがあります。

 

 

日本で起きた症例

 狂犬病: 海外で犬に咬まれて感染した人が、日本に帰国して発症後、死亡。 

 オウム病: 展示施設の従業員や来場者の間で集団発生。

 腸管出血性大腸菌感染症: ふれあい動物施設に来場した人の間で集団感染。

 Q熱、パスツレラ症、猫ひっかき病: 犬、猫がふつうに持っている病原体で、過度の接触によって感染。

 レプトスピラ症: 感染ネズミの尿で汚染された池や川で水遊びをして感染し、発熱。

 サルモネラ症: ミドリガメ等爬虫類のペットから子どもが感染し、重症に。

 重症熱性血小板減少症候群(SFTS): 野外でウイルスを持ったマダニに刺された人が感染。

 コリネバクテリウム・ウルセランス 感染症: 屋外で猫3匹に餌やりをしていた人が呼吸困難に、3日目死亡。 

 

日常生活で注意すること

  過度なふれあいは控えましょう

    口移しでエサを与えたり、スプーンや箸の共用は止めましょう。動物を布団に入れて寝ることも、濃厚に接触することになりますので

   注意が必要です。

  動物にさわったり、砂場や公園で遊んだら必ず手を洗いましょう

    動物が排せつを行いがちな砂場や公園は注意が必要です。特に子どもの砂遊び、ガーデニングで草むしりや土いじりをした後は、

   十分に手を洗いましょう。

  糞尿はすみやかに処理しましょう

    糞尿が乾燥すると、その中の病原体が空気中を漂い、吸い込みやすくなります。糞尿に直接触れたり吸い込んだりしないように

   早く処理しましょう。

  室内で鳥を飼育するときは換気を心がけましょう

    羽毛や乾燥した排せつ物等が室内に充満しやすくなります。ケージや室内のこまめな清掃のほか、定期的に換気に努めましょう。

  野生動物の家庭での飼育や野外での接触は避けましょう

    野生動物はどのような病原体を保有しているか分かりませんので、むやみに触らないようにしましょう。

 

 

詳しい情報は

 厚生労働省ホームページ 動物由来感染症 (外部リンク)

 コリネバクテリウム・ウルセランス感染症に関するQ&A別ウィンドウで開きます(外部リンク)

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 保健衛生課
〒836-0843
福岡県大牟田市不知火町1-5-1(大牟田市保健センター2階)
電話:0944-41-2669
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:9277)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。