総合トップへ

三池海水浴場の開設について

最終更新日:2017年10月26日
 

寄せられた市民のこえ

 

ご意見・ご提案

 大牟田市の近くには、海水浴場がありません。私の小さな頃には、よく海に家族と出かけたものです。先日、三池港の砂浜に行きました。整備すれば立派な海水浴場になりそうに思えました。
 今の時代に合わないかもしれないですが、あえて大牟田市は新たな海水浴場を設立すれば観光の目玉になるはずです。周辺地域から人々も呼べるツールになると思います。     
 (平成29年5月受付)
 
 

お答えします

 この度は、貴重なご意見、ありがとうございます。
 三池海水浴場については、有明海に接する親水空間として昭和27年から大牟田観光協会により開設され親しまれていました。
 そのような中、雲仙普賢岳噴火活動に伴う危険性などにより平成3年から9年まで運営が中止され、その後平成10年から12年の3年間海水浴場が再開されました。
 しかしながら、当該地は潮流などの関係で、漂流ごみが流れ着きやすい、粒の粗い砂が堆積する、遠浅になりにくい、などという海水浴場として自然条件が厳しいことや、自家用車が広く普及したことに対して、海水浴場付近に駐車場の十分な確保も難しいという課題などもあらためて明らかになりました。
 もともと干満の差が大きいために遊泳できる時間が限られていることなどからも、海水浴としての利用者は思うように伸びず、平成13年以降、海水浴場は開設されておりません。
 このような経緯を踏まえますと海水浴場としての再開は難しいものがあると考えます。ご理解いただきますようお願いします。

 (平成29年5月 観光おもてなし課回答)

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

市民部 市民生活課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2601
ファックス:0944-41-2621
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:9409)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。