総合トップへ

熱中症にご注意ください!

最終更新日:2020年7月2日

 

今年は例年以上に熱中症にご注意ください!

外出自粛で自宅で過ごすことが多くなると、普段より運動量が減って体力や筋肉量が落ちてしまいます。

また、外出自粛による運動不足で汗をかいていないため、体が暑さに慣れていません。

さらに、マスクをつけて過ごしているため、体内に熱がこもりやすく、マスク内で湿度が上がっているため、のどの渇きが感じにくくなっており、脱水を起こしやすい状態になっています。

のどが渇いていなくても、こまめに水分を補給してください。

 

5月に入り気温が上昇して熱くなってきています。今年は例年以上に熱中症にご注意ください。

 


 

 

新型コロナウイルスの出現に伴い、今夏はこれまでとは異なる生活環境下であることから、十分な感染対策を行いながら、熱中症予防対策をこれまで以上に心がける必要があります。

環境省と厚生労働省より、令和2年度に必要な熱中症予防行動についての資料が作成されましたのでご活用下さい。

 
 

熱中症とは

熱中症とは、暑さによって、体の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調節機能がうまく働かなくなり発症する障害の総称です。
熱中症は生命にかかわる病気ですが、正しい知識と予防法を知っていれば防ぐことができます。 
小児や高齢の人、肥満の人、心肺機能や腎機能が低下している人、自律神経や循環機能に影響を与える薬物を飲んでいる人は熱中症になりやすいので、特にご注意ください。
 
詳しくは以下の資料をご覧ください。

 熱中症予防リーフレット(一般用)【厚生労働省】(PDF:769.7キロバイト) 別ウインドウで開きます

 熱中症~ご存じですか?予防・対処法~【環境省】(PDF:2.38メガバイト) 別ウインドウで開きます

 熱中症~思い当たることはありませんか?~(高齢者向け)【環境省】(PDF:1.18メガバイト) 別ウインドウで開きます

 Summer in Japan is hot and humid! / 日本の熱中症 【外国人向け 英語リーフレット】(PDF:1.51メガバイト) 別ウインドウで開きます

 

 

このような症状があれば要注意

 

 分類

症状 

 重症度1度(軽症)

 めまい、立ちくらみ、筋肉痛、筋肉の「こむら返り」、汗が止まらない
 重症度2度(中等症) 頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感
 重症度3度(重症) 意識がない、体がひきつる(けいれん)、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない・走れない、体が熱い

 ※ 熱中症の症状があれば、すぐに涼しい場所に移り体を冷やすこと、水分をとることが必要です。

 ※ 応答が明瞭で、意識がはっきりしているなら、水分の経口摂取は可能です。

 ※ 重症度2度で自分で水分や塩分をとれないときや、重症度3度の症状であれば、すぐに医療機関へ搬送が必要です。

 ※ 環境省熱中症予防情報サイトより


 

 

予防方法

(1)暑さを避けましょう

 屋外では帽子や日傘を使い、日陰を選んで歩きましょう。

 室内では扇風機やエアコンを使用し、室温が28度を超えないようにしましょう。

 

(2)服装を工夫しましょう

 通気性がよく、吸汗、速乾性のある衣類を選びましょう。

 黒色の服は避けましょう。

 襟元は閉めると熱や汗が逃げにくいため、できるだけ緩めましょう。

 

(3)こまめに水分を補給しましょう

 軽い脱水症状の時はのどの渇きを感じないので、のどが渇く前に水分を補給しましょう。

 たくさん汗をかいたら十分な水分を補給しましょう。(塩分等のミネラル補給も忘れずに)

 アルコールは尿の量をふやし体内の水分を排泄する作用がありますので、アルコール飲料での水分補給はやめましょう。

 

(4)暑さに備えた体づくりをしましょう

 体が暑さに慣れていない時期は、熱中症が起こりやすくなります。

 日ごろからウォーキング等で汗をかく習慣を身につけていると熱中症にかかりにくい体になります。

 早い時期から汗をかく機会を増やし、暑さに負けない体づくりをしましょう。

 

  

暑さ指数(WBGT)を活用しましょう

暑さ指数(WBGT:Wet Bulb Globe Temperature:湿球黒球温度)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。

暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやり取り(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい(1)湿度、(2)日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、(3)気温の3つを取り入れた指標です。

 

環境省熱中症予防情報サイトでは、大牟田市の暑さ指数の予測値および実況値が公開されています。
以下をクリックし、ご確認ください。

環境省熱中症予防情報サイト別ウィンドウで開きます(外部リンク)

※ 「九州地方」「福岡」「大牟田」を選択してください。

※ 観測地点:大牟田市笹原町 

 

 

(参考)暑さ指数を用いた指針

 温度基準
(WBGT)

 注意すべき生活活動の目安

 注意事項

 危険
(31℃以上)

 すべての生活活動でおこる危険性  高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
 外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。

 厳重警戒
(28~31℃)

 すべての生活活動でおこる危険性  外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。

 警戒
(25~28℃)

 中等度以上の生活活動でおこる危険性  運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。

 注意
(25℃未満)

 強い生活活動でおこる危険性  一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

 

 

 

熱中症に関する外部リンク

  熱中症予防情報サイト【環境省】別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  熱中症予防声かけプロジェクト別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  熱中症予防情報【国立環境研究所】 別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  高温注意情報【気象庁】別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  熱中症関連情報【厚生労働省】別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 健康対策担当
〒836-8666
福岡県大牟田市不知火町1-5-1(大牟田市保健センター3階)
電話:0944-41-2668
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:983)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。