総合トップへ

人との接触を8割減らす、10のポイント

最終更新日:2020年4月30日
 

人との接触を8割減らす、10のポイント

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のためには、人と人との接触を8割減らすことが重要とされ、政府の専門家会議において、具体策として「人との接触を8割減らす、10のポイント」が提言されました。

ご自身や大切な家族等を守るために、日々の生活に取り入れてみましょう。

  1. ビデオ通話でオンライン帰省
  2. スーパーは1人または少人数ですいている時間に
  3. ジョギングは少人数で公園はすいた時間、場所を選ぶ
  4. 待てる買い物は通販で
  5. 飲み会はオンラインで
  6. 診療は遠隔診療(定期受診は間隔を調整)
  7. 筋トレやヨガは自宅で動画を活用
  8. 飲食は持ち帰り、宅配も
  9. 仕事は在宅勤務(通勤は医療・インフラ・物流など社会機能維持のために)
  10. 会話はマスクをつけて

 

人との接触を8割減らす、10のポイント





 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 保健衛生課
〒836-0843
福岡県大牟田市不知火町1-5-1(大牟田市保健センター2階)
電話:0944-41-2669
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:14087)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。