総合トップへ

期間限定!世界遺産の三池港から見える絶景「光の航路」

最終更新日:2020年1月16日

 

期間限定!世界遺産の三池港から見える絶景「光の航路」

 
光の航路
                                            写真撮影 ふるいけ博文氏

1908(明治41)年に築港された三池港は、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産です
 
 三池港展望所は、そんな三池港をガイド付きで見学できるスポットなのですが、実は、美しい夕日の撮影ポイントとしても有名だということをご存知でしょうか。
しかも年に2回、日没の方位が247度前後となる約10日間は、三池港の航路先端から閘門を抜け三池港展望所まで、ほぼ一直線の「光の航路」を見ることができるんです!※
 
今回も、より美しい写真を撮ることができる内港からの撮影を望む声に応え、三池港1番岸壁を撮影ポイントとして特別開放します。
「この時期だけ」の絶景をぜひ見に来てくださいね!
 
※「光の航路」を見ることができるのは、毎年1月と11月頃です。

 

◆日 時/令和2年1月17日(金)~19日(日)、21日(火)~26日(日)

     17時00分~18時00分

◆場 所/三池港1番岸壁

◆駐車場/三池港展望所(大牟田市新港町1)

◆注意事項

  ・20日(月)は1番岸壁の開放はありません(三池港展望所からは見ることができます)。

  ・車両等は、必ず三池港展望所に駐車してください。

  ・安全対策のため、入場制限をすることがあります。

  ・期間中の日没時刻は17時36分~17時44分頃です。

  ・荒天時は、三池港1番岸壁の立ち入りを中止します。

 

 

 

 
写真1光の航路2
写真撮影 入家雅彦氏写真撮影 ふるいけ博文氏
 
 
 


 

 

 

 

 


 
 

このページに関する
お問い合わせは

産業経済部 観光おもてなし課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎3階)
電話:0944-41-2750
ファックス:0944-41-2764
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:11036)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。