総合トップへ

手鎌地区公民館 子ども未来デッサン 後期の3講座を実施しました

最終更新日:2019年12月10日

 

子ども未来デッサン ~後期の3講座を実施しました~

 子ども未来デッサン事業は、さまざまな職業に就かれている方に講師を務めていただき、その仕事についての知識や経験、その職業を目指したきっかけや、そのためにどのような努力をしたかを伝えてもらうことで、子どもたちが自分の将来像を描き、その実現に向けて歩みだすきっかけとなることを目指して開催しています。

 

 令和元年度の後期では、『和菓子職人』『寿司職人』『フラワーデザイナー』の職業人を講師に迎え、3講座を実施しました。

 

 第1回の『和菓子職人』の回では、森 史朗さんを講師にお招きし、和菓子職人になったきっかけやカステラ饅頭の歴史の話を聞きました。実際に、自分でカステラ饅頭を作り、でき立ての饅頭を食べました。普段食べる饅頭との違いに、参加した子どもたちはビックリしていました。

未来デッサン2未来デッサン1未来デッサン3

 

 第2回の『寿司職人』の回では、三浦 好生さんご夫妻を講師にお招きし、今までに努力したことやどんな修行をしたかの話を聞きました。お寿司に関してのクイズをして、醤油のつけ方やおいしいお寿司の食べ方なども教わりました。参加した子どもたちや見学された保護者のみなさんも「なるほど!」と勉強になったようでした。

未来デッサン4未来デッサン5未来デッサン7

 

 第3回の『フラワーデザイナー』の回では、礒濵 玄海さんを講師にお招きし、どのようにして今の職業に就いたのか、今までに努力したことなどの話を聞きました。実際に、花を贈る相手の人を思いながらブーケ作りに挑戦しました。先生にコツを教わりながら、みんな上手にブーケを作ることができました。子どもたちが作ったブーケを受け取った方には、きっと思いが届いたことでしょう。

未来デッサン11未来デッサン8未来デッサン13

  

 どの回も参加した子どもたちの目は真剣で、講師の先生の話をしっかり聞いていました。この講座が、みんなの将来に役立てばうれしいです。

 講師をしていただいた先生方、ありがとうございました。

(ID:13469)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。