総合トップへ

オープンデータの取り組み

最終更新日:2020年2月20日
 

大牟田市のオープンデータの取り組み

 

オープンデータとは

オープンデータとは、国や地方公共団体が保有するデータのうち、誰もが規約の範囲内で容易に利用(加工、編集、再配布等)できるよう、以下のいずれの項目にも該当する形で公開されたデータのことです。

1.営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの

2.機械判読に適したもの

3.無償で利用できるもの

 

オープンデータ活用の意義

国では、オープンデータ活用の意義を以下のように定義しています。
 (ア)経済の活性化、新事業の創出
 (イ)官民協働による公共サービス(防災・減災を含む。)の実現
 (ウ)行政の透明性・信頼性の向上
 自治体では、それらに加え、「公共データの公開とオープンデータの利活用により地域の課題を解決する」としています。

  

大牟田市の取り組み

大牟田市では、市政の透明性の向上、公開データの活用による地域経済の活性化などを目指し、データ分類・形式の共通化などの取組みを進めています。

大牟田市のオープンデータは、オープンデータカタログサイト(BODIK ODCS)で公開しています。

大牟田市オープンデータカタログサイト別ウィンドウで開きます(外部リンク)


このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 情報化推進室
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎北別館2階)
電話:0944-41-2511
ファックス:0944-41-2510
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:13754)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。