総合トップへ

手鎌地域の伝統的産業「手すきのり」を体験

最終更新日:2020年2月5日
 

地域の伝統的産業「手すきのり」と飾りのり巻きづくりを体験

1
 子ども体験事業「手すきのり体験と飾りのり巻きづくり」を1月25日、手鎌地区公民館で開催し、市内の小学生など21人が参加、地域の伝統的産業である「ノリ生産業」への理解を深めました。
 この日は、手鎌地域のノリ生産者・河原畑さんを講師に迎え、昔ながらの「のりすき」を体験、子どもたちは、冷たい水に手を浸し、生ノリをすくいあげると、御簾を敷いた木枠に一気に流し込み、均等な厚みの「のり」を完成させるため、真剣に取り組んでいました。
 
24
 木枠を取り外し、御簾に張り付いたノリは水切りをして、干し台に設置。

 天日で乾燥させれば、出来上がりです。

 どんな「のり」ができるか、楽しみです。


56
 のりすき体験のあとは、料理サークル「にんじんの会」代表の堺さんの指導で「飾りのり巻きづくり」に挑戦。花弁はピンクのデンブを混ぜたご飯を小さくのりで巻いて、花芯はチーズかまぼこ、花の周りには緑の野沢菜をあしらって完成。

 こんなにかわいい梅の花の形をしたのり巻きができました。

 子どもたちは笑顔いっぱい、飾りのり巻きをほおばっていました。



(ID:13777)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。