総合トップへ

臥龍梅を見に行きませんか?

最終更新日:2015年3月4日

臥龍梅

 三池山の中腹に位置する天台宗の古寺・普光寺の境内には『臥龍梅』と呼ばれる、龍が臥せたような樹形の八重咲きの紅梅があります。樹齢450余年。全長およそ24メートルの梅を見るために、毎年大勢の観光客が訪れます。
 快晴の天気に恵まれた本日は、保育園児からお年寄りまで、多くの人が梅を楽しんでいました。
 また、梅の木に遊びに来ているかわいらしいメジロを見つけることもできました。この写真の中にも登場してくれているので、探してみてください♪

 春はもう、すぐそこまで来ているようです。

 

 ※臥龍梅の開花状況は、観光協会のホームページで確認できます。
 http://www.sekoia.org/


平成27年3月4日掲載

このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 広報課 広報担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2505
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:6810)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。