総合トップへ

令和3年度の狂犬病予防注射接種時期について

最終更新日:2021年9月15日

令和3年度 狂犬病予防注射接種時期について

 

令和3年度の狂犬病予防注射は、12月31日までにお願いします。

  犬を飼育されている方は、狂犬病予防法に基づき毎年4月から6月までの間に、

その犬に予防注射を受けさせることとされています。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大等の影響を考慮し、狂犬病予防法施行規則の一部を改正する省令が施行され、今年度は12月31日まで接種期間が延長されました。

 

動物病院等において、犬の所有者等が安心して予防注射を受けることができるよう下記の事項に留意の上お願いします。

【動物病院での留意事項】

(1)入室時に設置された消毒薬で手指を洗浄消毒すること。

(2)飼い主同士の接触を避けること。

(3)同伴は健康な成人1名に限ること。

(4)自家用車等を利用し、公共機関は利用しないこと。

(5)マスク着用等の感染防護措置を行うこと。

(6)院内の備品等に不必要に触れないこと。 

 

 

  

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 保健衛生課
〒836-0851
福岡県大牟田市笹林町1-1-2(保健センター仮事務室2階)
電話:0944-41-2669
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:14534)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。