総合トップへ

地域の力で駛馬(はやめ)を元気に  令和4年6月

最終更新日:2022年6月28日

「はやめカッパ食堂」が6月25日(土曜日)に開催されました

 カッパ食堂0625
今回のメニューは、子どもたちが大好きなカレーライスと、淡竹(はちく)・厚揚げ・インゲンの煮物、キュウリのピリ辛漬け、じゃがいももち でした。
当日は朝9時ごろ とても強い雨が降り、はやめカッパ食堂がオープンする午前11時以降も降水量が多いとの予報も出ていました。しかし、昼前はなんとか小康状態を保つことができ、スタート後は多くの子どもたちや親子でにぎわいました。
また、地域の方に交じって、帝京大学の学生5人がボランティアで支度を手伝ってくれました。
次回は、827土曜日)に予定されています(7月は夏祭り”大蛇山”のためお休み)。
 
 
 
 イラスト
 kapa Z
新型コロナウイルスの影響等で中止が続いていた、地域の代表的な祭りである「はやめカッパ祭り」が、今年は3年ぶりに開催予定です。企画委員会が6月9日(木曜日)と6月24日(金曜日)に開かれるなど、開催に向けた準備が進んでいます。お楽しみに。
 
 

6月22日、豪雨災害被災箇所の再点検が行われました

点検

6月22日(水曜日)午後1時30分から、「安心して暮らせる駛馬校区」のため、地域の方や県の港湾河川課、市の流域治水推進室などが合同で駛馬校区内の再点検を行いました。当日は、天気が良く気温が上がりました。歩いての点検、おつかれさまでした。

6月20日、安心安全部会の永松さんから地区公民館ロビーとカウンターに百合の花を飾っていただきました

ゆり

6月20日(月曜日)、駛馬校区まちづくり協議会安心安全部会の永松さんから、駛馬地区公民館のロビーとカウンターに百合の花を飾っていただきました。永松さんからは毎年、花をいただいています。ありがとうございます。
花のある空間は、やわらかい雰囲気になります。
館を訪れた方は、カウンターの花を見て「ほんときれいねー」と、笑顔になっていました。
 

駛馬地区公民館定期利用登録サークル「よこずき会」(水彩画)から紫陽花(あじさい)の花をいただきました

 あじさい
 

「よこずき会」さんからは、いつも、折々の季節の花をいただいています。ありがとうございます。

花を飾ると心が和みますね。

花には人の心をほっこりさせる不思議な力があります。

 

駛馬校区まちづくり協議会 生活環境部会により 宮原坑駐車場花壇の草取りが行われました

4
4年6月17日(金曜日)午前9時から、駛馬校区まちづくり協議会生活環境部会の呼びかけにより、宮原坑駐車場花壇の草取りが行われました。幸い、梅雨の合間で天気に恵まれ、作業ができました。
 
草取り前
 作業前は、せっかくの花が草の間に埋もれているところもありました。
 
3

作業後はすっかりきれいに。花の色がより鮮やかに見えます。
 
ボランティア袋
取った草の量は、ボランティア清掃袋20袋以上になりました。

世界遺産のまちを、これからも地域の力で盛り立てていきます。






このページに関する
お問い合わせは

市民協働部 駛馬地区公民館
〒836-0086
福岡県大牟田市馬込町1-20-1
電話:0944-57-5443
ファックス:0944-57-5444
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:16745)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。