総合トップへ

「令和2年7月豪雨」により被災された方の住民票等の証明書交付手数料の免除について

最終更新日:2020年7月10日

「令和2年7月豪雨」により被災された方に対する支援策として、災害復旧に関する手続きに必要な、住民票の写し等の各種証明書の交付手数料を免除します。

  

対象者

「令和2年7月豪雨」による災害救助法の適用を受けた地域にお住いの方で、り災証明書又は被災証明書(以下、「り災証明書等」と言う。)の交付を受けた方(申請中の方を含む)

 

手数料を免除する証明書等

市民課への請求(TEL 0944-41-2602)

(1)住民票の写し(除票を含む)

(2)住民票記載事項証明書

(3)印鑑登録証

(4)印鑑登録証明書

(5)戸籍全部(個人)事項証明書

(6)戸籍の附票の写し(除票を含む)

 

税務課への請求(TEL 0944-41-2471)

(1)所得課税証明書

(2)資産に関する証明書

(3)納税に関する証明

 

手数料が減免となる期間

 令和3年3月31日まで

 

手数料減免に必要な手続き                                                              

市民課窓口、税務課窓口での手続き

・り災証明書等、本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)をお持ちください。

・各種証明書の請求用紙に、使用目的(災害からの復旧に関する諸手続き)を明記してください。

 

郵便で請求される場合の手続き

・り災証明書等の写し、本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)の写し、返信用封筒(返送先の住所(住所登録地)・氏名を記入して、必要分の切手を貼を貼ったもの)を郵便請求書類に同封してください。

・各種証明書の請求用紙に、使用目的(災害からの復旧に関する諸手続き)を明記してください。

 

 市民課の諸証明の郵便請求はこちら別ウィンドウで開きます

 税務課の諸証明の郵便請求はこちら別ウィンドウで開きます

 

市民課、税務課窓口の受付時間

 開庁時間 平日の午前8時30分から午後5時15分まで

 休日窓口の開設はこちら別ウィンドウで開きます

 

その他

・り災証明書等を申請された方で、証明書の交付が未だの場合、それぞれの申請書の写し(申請時に交付されたもの)で代用することができます。

・この手数料の免除は、窓口での対応に限ります。コンビニで証明書を取得されても、手数料の返金には応じられませんので、ご注意ください。

・ご本人以外の証明書を取得するには、委任状等が必要な場合があります。詳しくは事前にお問い合わせください。

  住民票、印鑑登録、戸籍の証明に関すること 市民課TEL 41-2602

  所得課税、資産、納税の証明に関すること  税務課TEL 41-2471 

このページに関する
お問い合わせは

市民部 市民課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2602
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:9445)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。