総合トップへ

次世代型電動車椅子「WHILL」で観光施設を回ってみました(5)(三池炭鉱宮原坑)

最終更新日:2021年10月20日
 

~職員が「WHILL」を体験 〜

 第五回検証コースでは『三池炭鉱宮原坑周辺』を体験しました!
 WHILLは、分解して持ち運びが可能なため、この日は車でWHILLを運んで、コースを回りました♪


 
 櫓
 宮原坑は、1898年(明治31年)に操業が開始され、三池炭鉱の主力坑として活躍していました。
  2015年(平成27年)に、明治日本の産業革命遺産が世界遺産に登録されており、宮原坑もその構成資産となっています。

宮原坑塀miyahara kou

当時の世界最先端の技術が使われていた宮原坑。

今も残る第二竪坑やぐらと巻揚機室を見学することができます。

常駐するガイドの方に炭坑節を歌ってもらいました♪

宮原坑周辺に移動♪

石炭採掘に使役する囚人が収監されていた旧三池集治監。

レンガ製の高塀は県指定有形文化財です。

駐車場に戻る途中。

宮原坑と駐車場をつなぐ橋は、鉄道敷跡とやぐらを両方見ることができるスポットです。



 今回のコースは、宮原坑の広い芝生の上でも楽々移動ができ、気持ち良く散策ができました(^^)
 
 
 次回の検証コースは・・・市役所~商店街周辺です♪
 
 
 動物園では、10/31まで「WHILL」を使った動物園内移動実証実験を実施しています。 
 動物園内移動実証実験の詳細については、こちら別ウィンドウで開きますをご確認ください。

このページに関する
お問い合わせは

産業経済部 観光おもてなし課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎3階)
電話:0944-41-2750
ファックス:0944-41-2764
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:15704)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。