総合トップへ

山海揚げができるまで

最終更新日:2019年5月30日

 

給食センターで山海揚げができるまで

 

 
山海揚げ1

 魚のすり身にひじき、大豆、えび、玉ねぎ、にんじん、コーン、枝豆、小麦粉を入れて混ぜ合わせ、一口大の大きさに形を整えて連続揚げ物機に入れます。量が多く、手に材料が付き、形が作りにくいので大変です。

 
 
山海揚げ2

 焼き色が一定になるように時々返しながら、約4分連続揚げ物機で揚げます。連続揚げ物機は、入り口で食材を入れると自動で出口まで揚げながら運びますので均一に揚がります。

  
 
山海揚げ3

 出来上がった山海揚げは、クラスごとに重さを量って配缶します。クラスで人数が違い、必要な量も違うので、事前に計算した表を見ながら作業します。

 


 
  • 山海揚げ

 山海揚げは、山の幸と海の幸を混ぜ合わせて作った、手作りの揚げ物です。調理員さんが皆さんにおいしく食べてもらいたい思いで作っています。

 


 


このページに関する
お問い合わせは

教育委員会事務局 学務課給食担当
〒836-0051
福岡県大牟田市諏訪町2丁目50番地(大牟田市中学校給食センター1階)
電話:0944-41-2865
ファックス:0944-54-7172
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12972)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。