総合トップへ

よくある質問

質問

【市県民税】仕事で外国へ出国した時の市県民税はどうなりますか。

回答
本年度の市県民税については、年の中途で市外や国外に住所を移されても納税義務はなくならないため、会社で給料から特別徴収されるか、納税管理人を指定して、普通徴収の方法により納めていただくことになります。
なお、翌年度の市県民税については、年の中途で国外に住所を移し、翌年の1月1日現在に国内に居住されていない場合(旅行等は除く)には、国内に住所は無いものとして取り扱いますので、市県民税は課税されません。

【具体例】
 その年の1月1日に大牟田市に居住していれば、その年度の市県民税が課税され、その後出国しても引き続き納めていただきます。出国後、翌年の1月1日現在国外に居住している場合には翌年度の市県民税はかかりません。
【カテゴリ】

税金 > 市・県民税

ライフイベント > 住まい・引越し

 
【お問い合わせ先】

市民部 税務課 市民税担当

〒836-8666 福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階) 

TEL:0944-41-2608 

お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます