総合トップへ

よくある質問

質問

勇気をもって心肺蘇生法を行い、仮にその方が亡くなっても罪に問われないと聞きましたが、法的根拠はあるのでしょうか。

回答
法的には根拠はありません。しかしながら、一般市民が善意で実施した応急手当については、原則として、その結果の責任を法的に問われることはないと考えられています。
大切なことは、必要な場合には勇気をもって一刻も早く応急手当を行うことです。
【カテゴリ】

消防・救急 > 救急・応急手当

 
【お問い合わせ先】

消防本部  警防課

〒836-0844 福岡県大牟田市浄真町46番地 

TEL:0944-53-3540 FAX:0944-53-3531 

お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます