総合トップへ

よくある質問

質問

【子ども医療】子ども医療証を使えなかった場合の払い戻し手続きについて知りたい(県外受診、証交付前の受診、他公費など)

回答
県外の病院では、子ども医療証は使えません。また、自立支援医療や小児慢性特定疾病など他の公費医療の助成を受けているときも、病院の窓口で子ども医療証が使えないことがあります。医療費の2割(または3割)分等を自己負担し、後日、市役所で払い戻しの手続きをしてください。
医療証交付前に受診した場合も、受給資格の開始日以後の受診であれば払い戻しができます。

■必要なもの
 ・病院の領収書(受診日、受診者名、入院・通院の別、診療点数、領収金額、医療機関名が記入してあるもの。レシートは不可。
 ・子ども医療証
 ・児童の健康保険証
 ・印鑑(認印可、スタンプ印不可)
 ・金融機関の通帳
※保険証なしで受診し、医療費の10割を自己負担した場合は、まず、保険者に療養費(8割または7割分)を申請して、「療養費支給決定通知書」をもらい、領収書と併せて提出してください。

■申請者    児童の保護者(代理申請は可能。)
■申請期間   受診月から2年以内

【関連するQ&A】
・子ども医療費助成制度について知りたい。
【カテゴリ】

子育て > 妊娠・出産

子育て > 乳幼児

子育て > 医療

ライフイベント > 妊娠・出産

ライフイベント > 子育て

ライフイベント > 住まい・引越し

 
【お問い合わせ先】

保健福祉部 子ども未来室子ども家庭課

〒836-8666 福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階) 

TEL:0944-41-2661 

お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます