総合トップへ

よくある質問

質問

【予防接種】手足口病、伝染性紅斑、突発性発疹、かぜ等のウイルス性疾患に罹患後は、どのくらいの間隔をあければ、ワクチン接種が可能でしょうか、

回答
これらの感染症であれば、免疫学的に大きな問題となることは通常なく、回復すれば、不活化ワクチン、生ワクチンとも接種が可能になります。
回復後の「体調の安定」をみるためには、治癒後1 〜2 週間ほどがおおよその目安となりますが、明確に基準といったものは設定されていません。ワクチンを早く接種するメリット、遅らせて接種するメリットとのバランスで判断をしますが、不明の場合の現実的な判断としては、治癒後約2 週間の間隔が目安といってよいでしょう。詳しくは、かかりつけ医にご相談ください。
【カテゴリ】

子育て > 乳幼児

健康・医療 > 予防接種

ライフステージ > 子育て