総合トップへ

消火器を設置すべき、飲食店の範囲が拡大されます

最終更新日:2018年8月7日

飲食店を営業されている皆様へ

 

〇消防法令の改正に伴い、消火器を設置すべく、飲食店の範囲が拡大されます。

jyabou
 
 平成28年12月22日に発生した新潟県糸魚川市における大規模な火災を受けて、飲食店に対する消防法令が改正されました。 

 これにより、小規模な飲食店にも消火器の設置が必要となります。

 

  施行日:平成31年10月1日

 
  ©2016omuta city jabow
 
消火器の設置が必要となる飲食店(平成31年10月1日以降)

(1)火を使用する設備又は器具のある飲食店は、規模にかかわりなく設置が必要(注)

(2)火を使用する設備又は器具のない飲食店は、延べ面積150平方メートル以上で設置が必要

 

(注)ただし、次の装置等が設置されている場合は、延べ面積150平方メートル以上から設置が必要になります。

 ・調理用過熱防止装置(下記のマークが付いています)

    SIセンサーガス
 ・自動消火装置

 ・圧力感知安全装置

 
 
お礼
消防法令の改正は、平成31年10月1日に施行されます。
それまでに消火器の設置をお願いします。
 
     問い合わせ先
   大牟田市消防本部 予防課指導係
   0944-53-3527
   ©2016omuta city jabow

 
 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

消防本部  予防課
〒836-0844
福岡県大牟田市浄真町46番地
電話:0944-53-3527
ファックス:0944-53-7460
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:11091)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。