総合トップへ

熱中症に気を付けましょう!

最終更新日:2020年5月26日
  

熱中症を予防し、これからの季節を楽しく過ごしましょう!

 これから暑くなるにつれ、熱中症になる人が増えてきます。

 今年は、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、自宅で過ごすことが多くなり体力が落ち暑さに慣れていないこと、またマスクを着けることが多くなり体内に熱がこもりやすく、マスク内の湿度があるため、のどの渇きを感じにくく脱水を起こしやすい状況になります。

 

 熱中症を知って、しっかりと予防し、これからの季節を楽しく過ごしましょう!

 
 

熱中症とは

 温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節がうまくできなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどくなるとケイレンや意識の異常をもたらし、様々な障害を起こす症状のことです。 

正常時矢印異常時

熱中症の症状と対応

  重症度      症 状                        対   処        医療機関の受診判断 

   軽傷

・めまい

・立ちくらみ

・こむら返り

・手足のしびれ など

・涼しい場所に移動

・安静、休憩

・水分、塩分の補給 など

・ 症状が改善しなければ

  医療機関を受診しましょう

  中等症

・頭痛

・吐き気

・体がだるい

・集中力低下 など

・涼しい場所に移動

・安静、休憩

・水分、塩分の補給

・衣服をゆるめ、体を冷やす など

・症状が改善しなければ

 医療機関を受診しましょう

   重症

・意識障害

(会話がおかしい など)

・運動障害

(ふらつく など)

・体が異常に熱い

・涼しい場所に移動

・安静、休憩

・水分、塩分の補給

・衣類をゆるめ、保冷剤など

 で体を冷やす など

・ためらわず

 救急車を要請しましょう

 

 

熱中症予防のポイント

・部屋の温度はこまめにチェックし、28℃を目安にエアコンや扇風機を上手に使いましょう!

・のどが渇かなくても、こまめに水分補給をしましょう!

・外出時は涼しい服装で、日よけ対策を行いましょう!

・無理をせず、適度に休憩をとりましょう!

・日ごろから栄養バランスのとれた食事と、十分な睡眠をとりましょう!

   部屋の温度を確認    こまめの水分補給    暑さを避けよう  

 
※特に今年は、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、自宅で過ごすことが多くなり体力が落ち暑さに慣れていないこと、またマスクを着けることが多くなり体内に熱がこもりやすく、マスク内の湿度があるため、のどの渇きを感じにくく脱水を起こしやすい状況になります。
 

大牟田市の熱中症(疑い含む)救急搬送者数

  熱中症は梅雨明けした真夏に起こるように思われがちですが、大牟田市においても例年5・6月にも発生し、7・8月がピークとなっています。
 救急搬送者数

令和元年中の年齢別及び発生場所別状況

 救急搬送者のうち高齢者が約5割を占め、住居での発生が約4割を占めています。

年齢別、発生場所別割合令和元年全国統計)

 

 


福岡県救急医療相談窓口(#7119)

  急なケガや病気をしたとき、救急車を呼んだが方がいいか、今すぐに病院に行った方がいいかなど、判断に迷うことがあると思います。 そんなときは、専門家からアドバイスを受けることができる福岡県救急医療相談窓口 「#7119」をご活用ください。

【受付時間】24時間365日

【電話番号】#7119(短縮ダイヤル)

       ※短縮ダイヤルでつながらない場合は下記電話番号におかけください。

       092-471-0099(福岡県救急医療情報センター)

 【#7119URL】https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/fukuokaqq.html##7119別ウィンドウで開きます(外部リンク)

   ※ 意識状態が悪い、自分で歩けないなど、緊急性がある場合は迷わず救急車を呼びましょう。

 

リーフレット



 


このページに関する
お問い合わせは

消防本部  警防課
〒836-0844
福岡県大牟田市浄真町46番地
電話:0944-53-3540
ファックス:0944-53-3531
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:14124)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。