総合トップへ

人命救助活動協力者の方へ感謝状を贈呈しました

最終更新日:2020年10月27日

心肺停止の傷病者を救った人命救助活動協力者に感謝状を贈呈

大牟田市消防本部は、令和2年10月27日(火)に、適切な応急手当により心肺停止の傷病者を救った人命救助活動協力者4名に対し、感謝状を贈呈しました。

 

感謝状贈呈式

 

日   時  令和2年10月27日(火)10時00分~10時30分
場   所  大牟田市消防本部 4階会議室
被表彰者    松尾 三千代 様
        松尾 知之 様
        内山 康代 様
        内山 大 様

表彰理由

   当事案は、令和2年9月20日、大牟田市内で軽トラックを運転中の男性が突然意識不明となっていたところ、その場に居合わせた方々により、119番通報、軽トラックの移動、車両からの救出、意識の確認、救急隊到着まで絶え間ない胸骨圧迫を実施。その後、救急隊が除細動を行い、病院搬送中に呼吸も徐々に回復、入院後に意識も戻られ、現在は退院、社会復帰されました。4名がとられた行動は、他の模範となるなるものであり、その功績を称え、感謝状を贈呈したものです。
 

消防長のコメント

  大牟田市では、昨年5月、一昨年7月にも今回と同様に、突然意識不明となられた方に対し、偶然その場におられた方による119番通報、一次救 命処置が行われ、心停止、呼吸停止の状態から無事に社会復帰された事案があります。今回も迅速な通報、的確な救命処置、救急隊による除細動から医療機関での処置と救命のリレーが行われ、大切な命を救うことができました。このことは、皆さんの思いや行動が「安全で安心な暮らしやすい大牟田」というまちづくりに繋がるものと確信します。また、消防本部としましても、『幸運にも助かる…ではなく、助かるのが当たり前のまち』を目指しており、そのために「救命講習の受講者を少なくとも各世帯に一人を」という取組みのもと、毎年多くの方に救命講習を受講していただいております。救命のリレーでは、その行動が一つでも欠ければ命を救う確率が低下します。
『大切な人を守るためにも、是非救命講習の受講をお願い致します。』

 

感謝状1感謝状2贈呈式の記念写真

 【感謝状贈呈式の様子】

【感謝状贈呈式の様子】 

【贈呈式後の記念写真】        

 

このページに関する
お問い合わせは

消防本部  総務課
〒836-0844
福岡県大牟田市浄真町46番地
電話:0944-53-3521
ファックス:0944-53-7460
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:14748)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。