総合トップへ

化学消防車発泡消火訓練を実施しました

最終更新日:2020年12月11日
 令和2年12月2日(水)三井化学(株)大牟田工場において、三井化学の自衛消防隊と合同で訓練用化学薬剤を使用して化学消防車発泡消火訓練を実施しました。この訓練は、消防隊と自衛消防隊の連携、事業所の防災行動力強化を目的に毎年実施しています。今回行った貴重な訓練を実災害に活かしてまいります。
40m先の標的を消火している様子1分間に最大4800ℓの放水ができるクロスファイヤー放水銃
       (40m先の標的を消火している様子)  (1分間に最大4800ℓの放水ができるクロスファイヤー放水銃)


化学消防車手前は、三井化学自衛消防隊の発泡訓練の様子
        (大牟田市消防本部の化学消防車)   (手前は、三井化学自衛消防隊の発泡消火訓練の様子)

(ID:14893)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。