総合トップへ

炭酸ナトリウム過酸化水素付加物が危険物に追加されます(平成24年7月1日施行)

最終更新日:2012年7月6日

危険物の規制に関する政令の一部が改正

 危険物の規制に関する政令の一部が改正され、消防法令等の規制対象外であった「炭酸ナトリウム過酸化水素付加物」(以下「過炭酸ナトリウム」)が、消防法上の第1類の危険物に追加されました。

「過炭酸ナトリウム」とは

 「炭酸ナトリウム」と「過酸化水素水」の化合物で、化学名又は一般名を「炭酸ナトリウム過酸化水素付加物」といい、「過炭酸ナトリウム」、「過炭酸ソーダ」と呼ばれています。見た目は無色の固体又は白色の粉末で次のようなものがあり、スーパー、ホームセンター及び薬局などで販売されています。

・除菌剤、消臭剤
・酸素系漂白剤
・食器洗い乾燥機用洗剤
・パイプクリーナー
・洗濯槽クリーナー等

 危険物は、貯蔵又は取扱う数量により、消防法若しくは大牟田市火災予防条例に定める基準に従わなければなりません。過炭酸ナトリウムは、第一類の危険物に追加されますが、性質の違いによって規制を受ける基準となる数量(指定数量)が異なります。性質ごとの指定数量は次のとおりです。

性質 指定数量
第一種酸化性固体
50kg
第二種酸化性固体
300kg
第三種酸化性固体
1,000kg

 貯蔵又は取扱う「過炭酸ナトリウム」が、上記のいずれの性質を有するものかは、個別に判断しなければなりません。第一類の危険物は固体であり、その形状が粉末状、顆粒状、フレーク状等によって性質が異なる可能性があるためです。危険物に該当するかどうか、どの性質に該当するかは、製造元に確認していただく必要があります。

いつから規制されることになるのか

・今回の政令改正によって、新たに消防法に基づく市町村長の許可を受けなければならない施設、又は既に許可を受けて設置されている施設(以下「既設の製造所等」)で、位置、構造及び設備の変更が必要な施設については、平成24年12月31日までに当該許可を受けなければなりません。
・既設の製造所等のうち、当該施設において貯蔵又は取扱う危険物の品名、数量及び指定数量の倍数を変更するものについては、平成24年9月30日までにその旨を市町村長に届け出なければなりません。
・上記のほか、消火設備、避雷設備、警報設備、掲示板等に係る経過措置も定められています。
・指定数量の5分の1以上、指定数量未満の危険物を貯蔵又は取扱うこととなる少量危険物の施設については、大牟田市火災予防条例を改正し、平成24年7月1日から施行されています。
 

このページに関する
お問い合わせは

消防本部  予防課
〒836-0844
福岡県大牟田市浄真町46番地
電話:0944-53-3527
ファックス:0944-53-7460
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:4258)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。