総合トップへ

労働契約法の一部改正について

最終更新日:2018年2月27日
 

有期労働契約の新しいルールができました。

「労働契約法の一部を改正する法律」が平成24年8月10日に公布されました。
今回の改正では、有期労働契約について、下記の3つのルールを規定しています 

  • 労働契約法改正の3つのルール

 

  1. 無期労働契約への転換 有期労働契約の反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間に定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールです。
  2. 「雇止め法理」の法定化 最高裁判例で確立した「雇止め法理」が、そのままの内容で法律に規定されました。一定の場合には、使用者による雇止めが認められないことになるルールです。
  3. 不合理な労働条件の禁止 有期契約労働者と無期契約労働者との間で、期間の定めることによる不合理な労働条件の相違を設けることを禁止するルールです。
  • 施行期日 2は平成24年8月10日(公布日)、1と3は平成25年4月1日
     
  • 厚生労働省(労働契約法改正)(外部リンク)
  •  

    このページに関する
    お問い合わせは

    保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 障害福祉担当
    〒836-8666
    福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎1階)
    電話:0944-41-2663
    お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
    (ID:11067)

    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。