総合トップへ

国民年金の手続きにおけるマイナンバーの利用について

最終更新日:2018年4月2日

国民年金の手続きにマイナンバーの利用が始まりました。

 

H30年3月から国民年金に関する届出書や申請書にマイナンバー(個人番号)の記入が始まりました。本人の番号確認と身元確認が必要です。ご不明な点はお尋ねください。

 

マイナンバーが必要な主な手続き

・資格取得関係届

・免除申請、学生納付特例申請

・老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金の請求

・死亡一時金の請求

・未支給年金の請求

 

番号確認

正しい番号であることの確認です。次のうちいずれかを用意してください。

・マイナンバーカード

・マイナンバーの「通知カード」

・マイナンバー付きの住民票

 

身元確認

マイナンバーの正しい持ち主であるかの確認です。次のうちいずれかを用意してください。

顔写真付きのものなら次のいずれか1つ

・マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳など

顔写真なしのものなら次の中から2つ以上

・健康保険証、年金手帳、各種医療証など

 

このページに関する
お問い合わせは

市民部 保険年金課 国民年金担当(8番窓口)
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2607
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:11204)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。