総合トップへ

産前産後の国民年金保険料の免除制度について

最終更新日:2019年3月1日

平成31年4月から国民年金保険料の産前産後期間の免除制度が始まります

 国民年金第1号被保険者が出産したときに、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が始まります。

 産前産後免除期間として保険料が免除された期間は、保険料を納付したものとして老齢基礎年金の受給額に反映されます。

 

 

国民年金保険料が免除される期間

 出産予定月または出産月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。

 なお、多胎妊娠(双子等)の場合は、出産予定月または出産月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

 ※ 出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産(死産、流産、早産、人工中絶を含む)をいいます。

 
 

対象となる人

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の人

国民年金第1号被保険者の説明についてはこちら別ウィンドウで開きます

 
 

届出時期

出産予定日の6か月前から(平成31年4月1日から受け付けます)

 

 

届出先

大牟田市役所 保険年金課 国民年金担当

 
 

持ってくるもの

年金手帳、印鑑(認め印)、本人確認できるもの(運転免許証、マイナンバーカード等)、母子健康手帳

代理人が届け出るときは委任状が必要です。

 

 

【関連リンク】

日本年金機構(平成31年4月から国民年金保険料の産前産後期間の免除制度が始まります)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

このページに関する
お問い合わせは

市民部 保険年金課 国民年金担当(8番窓口)
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2607
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12581)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。