総合トップへ

事業者と契約する時の注意点

最終更新日:2008年9月1日

介護保険によるサービスの利用は利用者とサービス提供事業者との「契約」となります。利用者の皆さんが居宅介護支援事業者やサービス事業者と契約を交わす場合は、以下のことに注意して契約を行ってください。

 

注意点

サービスの内容

利用者の状況に合ったサービス内容となっているか

契約の目的
契約の目的となるサービスが明記されているか。
契約期間
在宅サービスでは要介護認定の有効期間に合わせて契約期間を定めてあるか。施設サービスでは期間を定めない契約(利用者から契約解除できる)などとなっているか
利用者の負担金
利用者の負担金の額や交通費の要否などの内容が明記されているかどうか。また、介護保険法にもとづいた金額となっているか。
キャンセル料について
利用者の都合でキャンセルした場合の料金はどうなっているか。
利用者からの解約
利用者は、一定の予告期間をもって解約ができることとなっているか。
事業者からの解約
利用者がサービス料金を一定期間以上滞納した場合など、事業者から解約できる場合がありますので、確認しておきましょう。
損害賠償
サービス提供によって利用者が損害を与えられた場合の損害賠償義務が明記されているか
秘密保持
利用者及び利用者の家族に関する秘密や個人情報が保持されるようになっているか

(注)契約書には以上の項目以外にも様々な項目があります。よく読んで、不明な点は、確認をしましょう。

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 介護保険担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎1階)
電話:0944-41-2683
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:2133)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。