総合トップへ

個人情報保護法について

最終更新日:2018年4月3日

 個人情報保護法について

近年、経済・社会の情報化の進展に伴い、官民を通じて、コンピュータやネットワークを利用して、大量の個人情報が処理されていますが、個人情報は、その性質上いったん誤った取扱いをされると、個人に取り返しのつかない被害を及ぼすおそれがあります。
そこで、だれもが安心して高度情報通信社会の便益を享受するための制度的基盤として、個人情報保護法が平成15年5月に公布、平成17年4月に全面施行されました。

平成27年9月に法が改正され、これまで5,000人以下の個人情報を取り扱う事業者は対象外でしたが、平成29年5月30日から全ての事業者(町内会や自治会なども含む。)が対象となりました。

Q.事業者が守るべきルールは?

A.個人情報取扱事業者は個人情報の利用目的を明らかにし、その範囲内で個人情報を取り扱わなければならず、また、本人の同意を得ずに個人データを第三者に提供することは原則禁止されます。これにより、予測のできない個人情報の利用や、身に覚えのない事業者等への個人情報の提供が防止されます。さらに、個人データの安全管理措置、従業者や委託先への監督など個人情報の適正な取扱いに関するルールが適用されます。
なお、事業者が義務規定に違反して、不適切に個人情報を取り扱っている場合には、個人情報保護委員会が、必要に応じて、事業者に対し勧告、命令等の措置をとることとなっており、事業者が命令に従わない場合には、罰則が適用されます。

Q.消費者は何ができるの?

A.個人情報の本人は、個人情報取扱事業者に対して、自分に関する情報の開示や訂正等を求めることができるほか、事業者が法律の義務に違反して個人情報を取り扱っているときは、その利用停止等を求めることができます。
また、個人情報に関するトラブルや疑問は、事業者や、認定を受けた個人情報保護団体による苦情対応のほか、地方公共団体、国民生活センターの苦情相談窓口などでご相談いただけます。
なお、事業者には、法律の規定を遵守するほか、個人情報の保護に主体的に取り組むことが期待されますが、ご自分の大切な個人情報を守るためには、自分の情報をむやみに提供しないようにするなど、「自分の情報は自分で守る」という意識を持つことも必要です。

(注)詳しくは個人情報保護委員会ホームページをご覧ください。

個人情報保護委員会別ウィンドウで開きます(外部リンク)

個人情報保護委員会「個人情報保護法ハンドブック」別ウィンドウで開きます(外部リンク)

大牟田市における相談窓口は、以下のとおりです。

・事業者との間に生じた苦情・相談は 大牟田市消費生活センターへ
TEL:0944-41-2623
・市が保有する個人情報に関する問合せは 大牟田市情報公開センターへ
TEL:0944-41-2512

このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 総務課 情報公開センター
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2512
ファックス:0944-41-2552
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:3698)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。