総合トップへ

会計課の業務について

最終更新日:2019年8月28日

会計管理者と会計課

 

会計課

会計管理者の補助機関として会計課が置かれ、市長の補助機関とは独立して位置付けられています。つまり、会計管理者の仕事の実務を担当しているのが会計課です。具体的には、皆さんから納めていただく市民税や固定資産税などの税金をはじめ、各種手数料などの現金を管理し、法令や予算に照らして、支払いをしています。

 

会計課の業務

・現金、有価証券等の出納並びに保管に関すること
・小切手に関すること
・現金及び財産の記録管理に関すること
・支出負担行為の確認、支出命令書の審査に関すること
・決算の調製に関すること
・指定金融機関等に関すること

 

 

市役所と金融機関

現金の出納事務のすべてを会計管理者(会計課)が行うのは非効率ですし、また現実的には不可能です。そこで、法令に基づき、現金の取扱いに熟達した金融機関を指定して、出納の事務の一部を処理してもらっています。

これにより、市内のほとんどの金融機関窓口で税金等を納めていただくことが出来る他、口座振替や取引先への支払いもスムーズに行うことができます。

大牟田市では、次の金融機関で公金の収納を行っています。
・福岡銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、大牟田柳川信用金庫、南筑後農業協同組合の全店舗
・肥後銀行、筑邦銀行、福岡中央銀行、熊本銀行の市内各支店
・福岡県信用組合大牟田支店
・九州労働金庫大牟田支店

 

市税や国民健康保険税などの口座振替制度

口座振替を利用することができるのは、次のとおりです。

詳しくは、各税及び料金名に続く各担当課へお問い合わせ下さい。
・市県民税(普通徴収) 税務課
・固定資産税、都市計画税 税務課
・軽自動車税 税務課
・国民健康保険税 保険年金課
・後期高齢者医療保険料 保険年金課
・介護保険料 福祉課
・保育所保育料 子ども育成課
・学童クラブ利用料 子ども育成課
・市営住宅家賃、市営住宅駐車場使用料 建築住宅課
・し尿処理手数料 環境業務課 

 

市有現金の運用

市民の皆さんからお預かりした現金を、安全で有利な方法により保管することは会計管理者の重要な仕事です。
大牟田市では、収入又は支出にかかる現金の保管によって、普通預金利息の収入があるほか、資金繰りに余裕が生じた場合に、随時に大口定期などの預金を行っていますので、その預金利子の収入があります。

このページに関する
お問い合わせは

会計課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎1階)
電話:0944-41-2211
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:4136)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。