総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  市税  >  軽自動車税  >  軽自動車税の減免の手続きについて
ホーム  >  組織から探す  >  市民部  >  税務課  >  軽自動車税の減免の手続きについて

軽自動車税の減免の手続きについて

最終更新日:2017年9月25日
 

減免を受けられる方は・・・

A.身体障害者手帳・戦傷病者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかの交付を受け、一定の基準に該当する方(障害の状態と等級に  よります)。
PDF 減免基準 新しいウィンドウで(PDF:89.3キロバイト)

B.身体障害者の方が利用されるように改造した車両をお持ちの方

 
 

減免の対象になる車は・・・

身体障害者手帳などの、手帳の交付を受けた方の名義のもの、又は手帳の交付を受けた方と生計をに同一にしている家族の名義のものです。
又、車両の構造が、専ら身体に障害をお持ちの方が利用するように改造しているものや、公益のために使用する軽自動車等も対象となります。
ただし、減免に該当するかどうかについては、税務課までお問い合わせください。

 

減免を受けられる台数は・・・

上記Aの各手帳の交付を受けている方、又は、生計を同一にしている家族名義の車で減免を受けられる方は、普通車を含めて1台です。
上記Bの車両の構造が専ら身体に障害をお持ちの方が利用するように改造しているものは、台数に制限はありません。

 

減免の申請に必要なものは・・・

(1)身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳

(2)申請する車両の納税通知書

(3)自動車検査証(車検証)(コピー可)※250cc以下のバイクは不要
(4)当該車両を運転する者の運転免許証(コピー可)
(5)通学・通園・通所または通院の証明書等(診察券可)

   ※(1)の各手帳の交付を受けている者と生計を同一にしている家族が当該車両を所有・運転する場合のみ

(6)納税義務者のマイナンバーが確認できるもの

     ※マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーの記載された住民票のうち1点

  (7)来庁者の身分証明書

  (注)減免を受けられる場合は納税しないでください。支払われると原則として減免できません。

     ※  詳細については、税務課へお問合せください。

  

申請書類は・・・

  • PDF 記入例(構造が専ら身体障害者等の利用に供するための軽自動車等) 新しいウィンドウで (PDF:122.4キロバイト)
  • PDF 記入例(公益のために直接専用すると認める軽自動車等) 新しいウィンドウで(PDF:107.1キロバイト) 
  • エクセル 様式(公益のために直接専用すると認める軽自動車等) 新しいウィンドウで (エクセル:30.5キロバイト)

     

    減免の申請申込期間は・・・

    納税通知書が届いてから納期限まで。

    平成29年度は、納税通知書が平成29年5月10日前後に届いてから平成29年5月31日(水曜日)までです。

      本庁舎2階の税務課11番の窓口で受付けています。
     ※期間を過ぎると減免申請をお受けできません。

     

    普通自動車は・・・

    普通自動車の減免については、久留米県税事務所(電話0942-30-1026)又は大牟田県税事務所(電話0944-41-5122)にお問い合わせください。

    このページに関する
    お問い合わせは
    市民部 税務課 軽自動車税担当
    〒836-8666
    福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
    電話:0944-41-2608
    お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
    (ID:2285)
    別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます
    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。