総合トップへ

ジャー坊がデザインされたマンホールのふたが完成しました

最終更新日:2018年3月5日

 このたび、ジャー坊がデザインされた下水道のカラーマンホールのふたが完成しました。

これは、大牟田市の下水道事業60周年と市制100周年に加え、ジャー坊が誕生して1周年を記念し作成されました!

 ふたは直径60センチメートル、重さ約40キログラム、厚さ約4センチメートルの鋳鉄製。

 世界遺産の宮原坑の立て坑やぐら、巻き上げ機室、ジャー坊がデザインされ、背景には、下水道事業60周年にちなみ、大牟田市の市章をかたどった星60個がちりばめられています。

マンホール(1) 宮原坑を背景に、ジャー坊も写真撮影を行いました!

 

マンホール(2)

 

 このふたは、計10枚作成され、3月2日(金)から市役所と企業局の両玄関前に展示されます。

また、市内の歩道には約3千ヵ所にマンホールのふたが設置されていますが、そのうち8ヵ所に4月から設置予定です。
 一体どこに設置されるか皆さんも楽しみにしていてください!

 



 

(ID:11112)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

〒836-8666 福岡県大牟田市有明町2丁目3番地

大牟田市役所 広報課

電話 0944-41-2505 ファックス 0944-41-2552

メール e-kouhou01@city.omuta.fukuoka.jp