総合トップへ

救急車適正利用のお願い

最終更新日:2019年6月28日
  

救急車の適正利用について

 

   大牟田市では、市民の生命・身体を守るために市内に5台の救急車を配備し、救急活動を行っています。

 救急車は、急病や怪我などにより、緊急に病院へ搬送する必要がある方のためのものです。
 緊急性がない要請に救急隊が対応している間に、真に救急車を必要とした事案が発生した場合、離れた場所から救急車が出動すること
となり、到着が遅れることが考えられます。
 大切な「生命」を守るために、救急車の適正利用について、ご理解・ご協力をお願いします。
 
 

大牟田市の救急出動状況 

大牟田市内における救急出動件数は増加しており、平成30年は6447件で、一日の平均出動件数は約18件でした。

大牟田市消防本部救急件数グラフ救急車を呼ぶ前に考えよう

 

   

大牟田市消防本部の救急搬送トリアージについて

   大牟田市消防本部の救急隊は、現場活動において傷病者の容態を的確に観察し、病態に合わせて各医療機関へ搬送しています。

   しかし、救急隊が搬送の必要が無いと判断した場合、タクシーや公共交通機関等を利用して自己受診して頂くようお願いしています。

   ※下記のイラストの様に実際にこういった事例があっています。大切な命を救うためご協力をお願いします!

休日・時間外優先治療無料

 

大牟田市消防本部救急隊が現場活動で実施している救急搬送トリアージについてご紹介致します。
※リーフレット(PDF)をご覧ください。

こんな時はすぐ119番通報を! 

突然の激しい頭痛・急な息切れ・呼吸困難などの症状が出た場合は、すぐに119番通報をし救急車を呼んでください。 

 

救急車?病院?迷ったとき(♯7119・Q助) 

 急な病気やケガをしたときに、「病院を受診した方がいいか」、「救急車を呼んだ方がいいか」と迷ったことはありませんか?こんなとき、救急車の利用や最寄りの医療機関について電話で相談できる窓口(#7119)、スマートフォンやパソコンで緊急度を判定するアプリ(Q助)があります。#7119にダイヤルすると、救急車の利用や最寄りの医療機関について、24時間365日体制で、相談員から直接アドバイスを受けることができ、緊急度の判定や今後の対応を迅速かつ正確にサポートしてくれます。

 救急車

 

 

#7119

Q助

(#7119)または092-471-0099にダイヤルすると救急車の利用や最寄りの医療機関について24時間365日体制で、救急医療機関での経験を有する看護師が医療機関や今後の対応などについてアドバイス(無料)します。

救急受信アプリ(Q助)を利用すると症状に合わせて画面を選択していくことで、救急車を呼ぶ目安や、緊急度・受診手段の検索を行うことが出来ます。

 

〈Q助:QRコード〉を読み取り表示されたページから

ご利用の機種に応じてアプリをダウンロードしてください。

Q助2


 

こども医療でんわ相談(#8000)
 
小さなお子さんをお持ちの保護者の方が、休日・夜間の急な子どもの病気のケガなどにどう対処したらよいのか、病院の診療を受けたほうがいいのかなど迷った際に小児科医師・看護師への電話相談ができるものです。
こども医療でんわ相談
 
 
 

 大牟田市消防本部認定患者等搬送事業者
 
大牟田市消防本部では、救急車の利用をするほど緊急性はないが、自分一人や家族だけでは病院へ行けない、また、ストレッチャーや車いすに乗った状態で病院へ行く必要があるといった場合など、皆さんが安心・安全にご利用していただくために、一定条件を満たした民間事業者を患者等搬送事業者として認定しています。

認定された患者等搬送用自動車には、応急手当や搬送法についての講習を修了した乗務員が乗車しており、応急手当てに必要な資器材を積載しています。

 

認定患者等搬送事業者の紹介
事業所名:ケアステーション メルシィ(TEL:0944-53-5007)

住所:大牟田市新栄町8-2グランドニューガイヤ1 

 
 
 

このページに関する
お問い合わせは

消防本部  警防課
〒836-0844
福岡県大牟田市浄真町46番地
電話:0944-53-3540
ファックス:0944-53-3531
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:13002)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。