総合トップへ

里帰り先での妊婦健診の費用を助成します。

最終更新日:2021年3月30日

大牟田市が交付する「妊婦健康診査補助券」は、福岡県・熊本県・大分県・佐賀県の医療機関で使用できます。
里帰り出産等の理由により、「妊婦健康診査補助券」が使用できずに、妊婦健診の費用を自己負担した場合、その費用を助成します。
ただし、自己負担額と大牟田市が定めた基準額とを比較し、いずれか少ない方の額となります。

申請条件

次の全ての条件を満たす方は、補助金請求の申請ができます。

1.妊婦健診を受診した日に、大牟田市に住民登録があった。
2.福岡・熊本・佐賀・大分県以外の医療機関(日本国内に限る)で妊婦健診を自費で受診した。
3.出産または最後に妊婦健診を受診してから6か月以内である。

ただし、次の場合は補助金の対象外となります。

1.大牟田市から転出した後に受診した妊婦健診
2.大牟田市に転入する前に受診した妊婦健診
3.大牟田市または他の市町村の妊婦健診補助券を14回使用した後に受診した妊婦健診
4.健康保険が適用される検査等の費用(自己負担の割合が10割でないもの)
5.妊娠判定検査にかかる費用
6.出産後に受ける1か月健診

申請期限

出産または最後に妊婦健診を受けた日から6か月以内

申請に必要な書類

1.大牟田市里帰り等妊婦健康診査補助金交付申請書(子ども家庭課窓口でお渡ししています。)
2.未使用の「妊婦健康診査補助券」
3.医療機関の領収書原本(受診医療機関名・受診者の氏名・金額が記載されたもの)
 ※確定申告の医療費控除を予定されている方は、補助金の申請をした後確定申告をしてください。
  これは、決定した補助金の額を差し引いた額が、医療費控除の対象となるためです。
4.受診者名義の通帳(ゆうちょ銀行の場合は、振り込み専用口座番号の記載があるもののみ可)の写し
5.母子健康手帳の写し(出生届と妊婦健診の記録のページ)

申請方法

子ども家庭課窓口に必要な書類を揃え、持参してください。
受付日時は、月〜金曜日(祝祭日を除く)8時30分から17時15分(12時から13時を除く)です。

申請期間は出産または最後に妊婦健診を受診した日から6か月以内です。

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 子ども未来室子ども家庭課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2661
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:1021)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。