総合トップへ

「サポートノート」

最終更新日:2017年9月12日

 

「サポートノート」を使ってみましょう。

 
1.「サポートノート」とは

 大牟田市では、発達障害などがあり支援を必要とする子どもたちが、就園・就学などの時に適切な支援を受けられるように「サポートノート」を作りました。子どもの特徴や接し方、配慮が必要なことなどを記入します。

「サポートノート」を提出された関係機関は、ノートを介して子どもの特徴を充分に把握して適切な支援につなげていきます。

2.「サポートノート」の利用について 

 子どもが生活しやすい環境を整えるためには関係機関と充分に話し合うことが大切です。
 ・就学時や保育園・幼稚園の入園時など、子どものことを理解して貰いたいときに活用できます。
 ・小学校など関係機関に、子どもの状況を「サポートノート」を使い説明します。  

「サポートノート」のダウンロードはこちらから

 A5サイズのファイルに綴じると便利です。 
「サポートノート」の記入例を見ながら、まずは書けるところから書いてみましょう。保育所や幼稚園の先生、療育期間の先生など、お子さんに関わっている方々にも協力してもらいながら記入します。                                        

 <サポートノートの表紙と記入例>

サポートノート表紙サポートノート記入例


このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 子ども未来室子ども家庭課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2661
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:1038)
別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。