総合トップへ

他人事ではない! あなたにも架空請求が!!

最終更新日:2018年11月14日

 

架空請求にご注意ください

 消費生活センターには、架空請求に関する相談が多数寄せられています。特に相談の多いはがきとSMS(ショートメッセージサービス)による架空請求についてご紹介します。

 いずれの架空請求も、絶対に電話をかけないでください。

 
 

はがきによる架空請求

ハガキでの架空請求

 中高年の女性を対象に「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」等と書かれたはがきが届いています。差出人は公的機関に類似した名称で、東京の住所・電話番号を書いてあります。はがき文中の「訴訟」や「差し押え」などの言葉で不安をあおり、電話をかけさせることが最初の目的です。

 絶対に電話をかけないで、無視してください。

 

■はがきに記載されている差出人の一例

 ・法務省管轄支局 民事訴訟管理センター

 ・法務省管轄支局 国民訴訟通達センター

 ・法務省管轄支局 消費者訴訟告知センター

 ・民事訴訟管理センター

 ・民事訴訟仲裁管理センター

 ・消費生活相談センター       など

 

 上記のほかにも、名称を少しずつ変えてはがきは送られてきています。身に覚えのない内容のはがきが届いたときには無視をするか、消費生活センターにご相談ください。

 

※裁判所からの通知は特別送達で郵便局員が「直接手渡し」し、郵便受けに投げ込まれることはありません。

 

 

 

SMS(ショートメッセージサービス)による架空請求

SNSでの架空請求
 SMSとは、相手の電話番号宛てに約70文字のメッセージを送信できる携帯電話のサービスです。
 このサービスを悪用し、大手の通信販売会社や映像配信業者等をかたり、携帯電話にショートメッセージが送られてきます。有料動画の未納料金やWebコンテンツの利用履歴があるなどと記載し、至急の電話連絡を求める内容です。こちらも法的手続きに移行するなどと記載されていることが多いようです。
 はがきと同じく電話をかけさせることが最初の目的ですので、絶対に電話をかけないで、無視してください。
 
■SMSに記載されている発信者の一例
 ・アマゾン
 ・アマゾンカスタマーセンター
 ・アマゾン(株)受付センター
 ・アマゾンマーケティング
 ・アマゾンジャパン相談窓口
 ・アマゾンジャパン相談係
 ・DMM.com
 ・DMM相談窓口
   ・ヤフーカスタマーセンター
 ・ヤフー相談室
 ・グーグルサポートセンター  など
 
 上記のほかにも、名称を少しずつ変えてショートメッセージは送られてきています。身に覚えのない内容のショートメッセージを受信したときには無視をするか、消費生活センターにご相談ください。
 
 

架空請求の関連リンク

 

 

ご相談はこちら

 大牟田市、荒尾市、南関町、長洲町は、消費者行政の広域連携を行っていますので、2市2町の住民は、いずれの相談窓口でもご利用いただけます。

 

■大牟田市消費生活センター

  受付:月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)

  時間:午前9時30分から午後4時まで相談員が対応

  場所:大牟田市役所2階

  電話:0944-41-2623

 

■荒尾市消費生活センター

  受付:月曜日・火曜日・水曜日・金曜日(祝日、年末年始を除く)

  時間:午前10時から午後4時まで相談員が対応

  場所:荒尾市役所1階

  電話:0968-63-1173

 

■南関町消費生活相談窓口

  受付:木曜日(祝日、年末年始除く)

  時間:午前9時から午後4時

  場所:南関町役場2階

  電話:0968-57-8500

 

■長洲町消費生活相談窓口

  受付:木曜日(祝日、年末年始を除く)

  時間:午前10時から午後4時まで相談員が対応

  場所:長洲町役場2階

  電話:0968-78-3113


 

 

このページに関する
お問い合わせは

市民部 市民生活課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2601
ファックス:0944-41-2621
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:10635)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。