総合トップへ

三池炭鉱修復・公開活用計画について

最終更新日:2018年1月17日

 平成27年7月、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が、第39回世界遺産委員会の決議により世界文化遺産に登録され、その際、ユネスコ世界遺産委員会から8つの勧告が示されました。その中で「勧告b) 推薦資産(の全体)及び構成資産に関する優先順位を付した保全措置の計画及び実施計画を策定すること」に対応するため、三池炭鉱宮原坑及び専用鉄道敷跡の修復・公開活用計画を策定を進め、その概要を示した抄録を作成しました。

 

三池炭鉱修復・公開活用計画(抄録)

 

 

 


 

このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 世界遺産・文化財室
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2515
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:10743)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。