総合トップへ

ご存知ですか?ヘルプカード

最終更新日:2019年4月1日
 障害のある方、認知症のある方、妊娠している方などの中には、手助けが必要であっても「外見では不自由や障害に気づかれにくい人」、「コミュニケーションがうまくできずに、なかなか伝えられない人」がいます。「ヘルプカード」は外見からわからなくても援助や配慮を必要としている人が、周囲の人に配慮を必要としていることを知らせるカードです。
 この「ヘルプカード」には、その方が手伝って欲しいことが書かれています。街で「ヘルプカード」を身に付けた人が困っているように感じたら、ぜひ手助けをお願いします。
ヘルプカードおもて面  ヘルプカードうら面

 利用対象者

 障害のある方、認知症のある方、難病の方、妊娠している方など、周囲のお手伝いが必要な方なら、どなたでも利用可能です。

 

配布場所

 福祉課 障害福祉担当及び総合相談担当の窓口で配布しています。

 市役所以外では、県保健福祉環境事務所、県庁障がい福祉課、障害者相談支援事業所などでも配布しています。

 また、福岡県のホームページでダウンロード印刷もできます。

 

 下のリンク先の、3 入手方法からダウンロードしてください。

 福岡県の『ヘルプカード』を作りました!(福岡県ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 障害福祉担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎1階)
電話:0944-41-2663
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:11559)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。