総合トップへ

大牟田市ブロック塀等撤去促進事業

最終更新日:2021年4月1日
 

~危険なブロック塀を撤去しませんか~

 地震によるブロック塀等の倒壊による被害防止や避難経路の確保を目的に、危険なブロック塀等の撤去工事に係る経費の一部を補助する事業を創設しました。

 令和3年度からの変更点

 1. 補助対象工事の見直し

   2. 提出書類の押印廃止

 事業実績を下記リンクで紹介しています。ぜひご覧ください。

 ブロック塀解体補助の実績を紹介します!!~大牟田市ブロック塀等撤去促進事業~別ウィンドウで開きます

 

事前相談について

 事前相談は随時受け付けています。

 事業の詳しい内容や注意点など、お気軽にご相談ください。

 補助金の活用をお考えの方は、建築住宅課への事前相談が必要です。

 建築住宅課の職員が現地調査を行い、ブロック塀等の診断をします。大牟田市が定めた「診断カルテ」を使って評価し、「危険」と判定されたものが補助の対象になります。

 

補助申請について

   補助申請は4月1日(水)から受付開始!

 補助金の交付決定の前に、工事に着手した場合は補助の対象となりませんのでご注意ください。

 なお、今年度予算が無くなり次第、申請の受付けも終了となります。

 

補助の対象となるブロック塀等

1.倒壊のおそれがあるなど危険な状態にあること(診断カルテの評点が40点未満)

2.高さが1m以上であること

3.通学路のほか、市長が災害時の安全や通行を確保する必要があると認める一般交通の用に供する道に面すること

4.1~3のほか、「大牟田市ブロック塀等撤去促進事業補助金交付要綱」に定める要件を満たすもの

 
 

補助の申請者

1.ブロック塀等の撤去工事を行う所有者、相続関係者及び管理者

2.1に掲げる者から委任を受けた者

3.暴力団関係者でないこと

4.1~3のほか、「大牟田市ブロック塀等撤去促進事業補助金交付要綱」に定める要件を満たすもの

 

補助対象工事

1.補助の対象となるブロック塀等の全てを撤去する工事

2.補助の対象となるブロック塀等の頂部を撤去し、高さを1m以下とする工事で、工事完了後に「安全」(診断カルテの評点が70点以上)となるもの

※ブロック塀やフェンス等の再築は補助の対象ではありません。

※令和3年度から、土留め部分のブロックや門柱、フェンス(その他これらに類する部分)の撤去に要する費用が補助対象外となりますのでご注意

   ください。

 

補助金の額

 補助の対象となるブロック塀等の撤去に要する費用の1/2(上限10万円)

 

補助金交付申請時に必要な書類

1.補助金交付申請書(様式第1号)

2.工事の概要がわかる写真等(撤去長さ、高さ、撤去方法(全部、一部)撤去範囲)

3.工事見積書の写し(金額の内訳及び補助対象内外がわかるもの)

4.誓約書

5.暴力団排除条項に基づく誓約書兼紹介承諾書

6.その他市長が必要と認めるもの

 

事業に関するQ&A

用語の定義や補助要件などをQ&A形式にまとめました。内容をご確認ください。


    関連ファイル 

     大牟田市ブロック塀等撤去費補助金交付要綱(PDF:151.2キロバイト) 別ウインドウで開きます

     診断カルテ(PDF:161キロバイト) 別ウインドウで開きます

     手続きの流れ(PDF:143.7キロバイト) 別ウインドウで開きます

     申請書類等作成の手引き(PDF:1.3メガバイト) 別ウインドウで開きます

     調査申込書(ワード:56キロバイト) 別ウインドウで開きます

     補助金交付申請書(ワード:54キロバイト) 別ウインドウで開きます

     誓約書(ワード:40キロバイト) 別ウインドウで開きます

     誓約書兼照会承諾書(ワード:40.5キロバイト) 別ウインドウで開きます

     補助金交付申請取下届(ワード:46.5キロバイト) 別ウインドウで開きます

     補助金交付変更申請書(ワード:51キロバイト) 別ウインドウで開きます

     完了実績報告書(ワード:47キロバイト) 別ウインドウで開きます



     

     

    このページに関する
    お問い合わせは

    都市整備部 建築住宅課 空家対策担当
    〒836-8666
    福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
    電話:0944-41-2787
    ファックス:0944-41-2795
    お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
    (ID:12874)

    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。