総合トップへ

ふるさと納税ワンストップ特例制度について

最終更新日:2022年4月1日

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度

 

 ワンストップ特例制度は、下記の対象条件を満たす方が、寄附を行う際に申請を行っていただくことで、寄附の控除申請を寄附先の市町村が寄附者に代行し、個人住民税の控除を受けることができる制度です。

 寄附申込の際にこの制度の利用を希望された方は、寄附を確認した後に「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の申請書をお送りいたします。

 なお、年末の寄附の場合、申請書の到着が提出期限と前後することがあります。ワンストップ特例制度をご希望の方は、ご自身で申請書をダウンロードしてご提出いただくことをお勧めしております。

 

●提出先●
 〒836-8666
 福岡県大牟田市有明町2丁目3番地
 企画総務部広報課 宛
 電話:0944-41-2868

 ※令和4年12月29日~令和5年1月3日の期間は閉庁しております。

 

ふるさと納税ワンストップ特例の対象者

下記2つの条件を、どちらも満たす方のみが対象となります。
○ 確定申告を行わない方
○ 寄附を行った年に、他に寄附をした都道府県もしくは市区町村が本市を含めて5団体以内の方

  • 要件を満たさない方がワンストップ特例申請書を提出された場合は、ワンストップ特例の申請は無効となり、申告特例控除額は適用されませんのでご注意ください。
  • 申請書を提出した後で、寄附を行った翌年1月1日まで年内に住所等に変更があった場合は、「変更届出書」の提出が必要となります。
  • 平成28年1月1日にマイナンバー法の施行に伴い、ワンストップ特例申請書にもマイナンバーをご記入いただくこととなりました。また、マイナンバーを確認させていただくため、別途以下の書類の提出が必要となりましたのでご注意ください。
 

提出期限

寄附を行った翌年の1月10日まで(必着)  

 

 

提出いただくもの

〇 ワンストップ特例申請書(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)


〇 次の3つのうち、いずれかの書類


※本市ではワンストップ特例申請書の受付については、令和4年4月1日の受付分から、寄附申込時にご登録いただいたメールアドレス宛てに電子メール

でお知らせしています。

    •  メールアドレスをご登録いただいていない場合など、受付書の返送を希望する場合は、ワンストップ特例申請書の受付書の欄にご住所・氏名をご記入
    • の上、ご提出下さい。
    •  また、電話やメールでもワンストップ特例申請書の受付状況についてお答えしております。
 

ふるさと納税ワンストップ特例申請書提出後に変更があった場合の届け

 ワンストップ特例申請書を提出した後で、寄附を行った翌年の1月1日までに住所等に変更があった場合は、寄附を行った翌年の1月10日まで(必着)に「変更届出書」の提出が必要となります。

このページに関する
お問い合わせは

企画総務部 広報課 ふるさと納税担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地
電話:0944-41-2868
ファックス:0944-41-2552
メール e-furusatonz@city.omuta.fukuoka.jp
(ID:12999)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。