総合トップへ

クーポン券で風しんの抗体検査・予防接種が無料で受けられます。

最終更新日:2019年8月1日
 

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性へ
クーポン券で風しんの抗体検査・予防接種が無料で受けられます

 

風しん対策の趣旨

  • 2018年7月以降、特に関東地方において風しんの患者数が増加し、患者の中心は30代から50代の男性でした。このうち、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、これまでの制度の変遷上風しんに係る公的な予防接種を受ける機会がなかった世代であり、抗体保有率を見ても、女性及びほかの世代の男性(乳幼児を除く。)が約90%であるのに対し、当該世代の男性は約80%と低い状況でした。
  • 2020年には東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、様々な国から訪日客の増加が見込まれます。このような一定の期間に限られた地域に同一目的で多人数の集団においては、人の往来が活発化し、国内で流行している感染症の感染が当該期間中に拡大するおそれがあることが懸念されることから、早急に今後の風しんの発生及びまん延を予防するための対策が必要になります。

【国の方針】

  • 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を風しんに係る定期接種(風しんの第5期の定期接種)の対象とし、公的な予防接種を1回受ける機会が設けられました。
  • 今後の風しんの発生及びまん延を予防するためには、速やかに昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性の抗体保有率を上昇させる必要があることから、2022年(令和4年)3月31日までの時限措置として定期接種を行うことになりました。
  • ワクチンを有効的に活用するため、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性対して、まず風しんの抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の風しんの抗体があることが判明した方を除いて風しんの第5期の定期接種を行うことになりました。


国の風しん対策の方針に基づき、これまで予防接種の受ける機会のなかった30歳代から50歳代の男性を対象に風しんの抗体検査及び予防接種の無料クーポン券を発行します。

なお、この制度は令和4年3月31日までの3年間です。

 

対象者

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性

 

 

クーポン券の発行

令和元年度のクーポン券は次の表のとおり発行します。

クーポン券は、発行された年度のみ有効です。

 昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性 クーポン券を送付します。
 昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性

 クーポン券の発行を希望される場合は、保健衛生課(41-2669)までお問合せください。

  

クーポン券の送付
  
 

内容

抗体検査を実施し、抗体価が不十分な場合、予防接種を実施します。


 

実施医療機関


 厚生労働省のホームページにおいて、全国の実施機関の一覧が掲載されています。
風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関別ウィンドウで開きます(厚生労働省ホームページ)

  
 

必要なもの

  • 市区町村から発行されたクーポン券
  • 運転免許証、健康保険証、住民票など(クーポン券台紙に記載されいる住所・氏名等の確認のため)
 

注意事項

クーポン券は抗体検査の受検日、予防接種の接種日時点において、住民登録のある市区町村が発行したもののみ有効です。

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 保健衛生課
〒836-0843
福岡県大牟田市不知火町1-5-1(大牟田市保健センター2階)
電話:0944-41-2669
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:13106)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。