総合トップへ

就学前障害児の児童発達支援等の無償化

最終更新日:2019年8月29日

就学前障害児の児童発達支援等の無償化について

令和元年10月1日より「幼児教育及び保育の無償化」が実施されることに伴い、3歳から5歳までの障害のある子どもたちのための、児童発達支援等の利用者負担が無料になります。
 

無料となるサービス

  • 児童発達支援
  • 医療型児童発達支援
  • 居宅訪問型児童発達支援
  • 保育所等訪問支援
  • 福祉型障害児入所施設
  • 医療型障害児入所施設
 

対象となる子ども

無償化の対象となる期間は、「満3歳になって初めての4月1日から3年間」です。

 

(具体的な対象者の例)

時期

対象者

 令和元年10月1日から令和2年3月31日

 誕生日が平成25年4月2日から平成28年4月1日までの障害のある子ども

 令和2年4月1日から令和3年3月31日

 誕生日が平成26年4月2日から平成29年4月1日までの障害のある子ども

 

 

注意点

  • 利用者負担以外の費用(医療費や、食費等の現在実費で負担しているもの)は引き続きお支払いいただくことになります。
  • 幼稚園、保育所、認定こども園等と、上記サービスの両方を利用する場合は、両方とも無償化の対象となります。
  • 無償化にあたり、現在利用中の方の手続きは必要ありません。対象者には、無償化対象期間を記載した受給者証を送付します。
  • 新たにサービスを利用される場合は、手続きが必要になります。

 

 

参考資料等


 

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 障害福祉担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎1階)
電話:0944-41-2663
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:13331)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。