総合トップへ

障害のある人への合理的配慮ガイドブックを御活用ください!

最終更新日:2019年9月2日
  •  平成28年4月に「障害を理由とする差別解消の推進に関する法律」が制定され、行政機関等及び事業者に対し、障害を理由とする不当な差別的取扱いを禁止しています。また、社会的障壁の除去の実施については、合理的配慮を提供することを行政機関等には義務付け、また、事業者には努力義務を課しています。
  •  そのような中、福岡県では、事業所の皆さんが、接客や受付などの場面で具体的にどのような配慮をしたらよいのか、主な事例をイラストを用いて分かりやすくコンパクトに解説した「合理的配慮ガイドブック」を作成しました。
  •  下記のURLより、どなたでも自由にダウンロードして御利用いただけますので、従業員研修や、障害のある人の受入のためのソフト面、ハード面の環境整備の検討に御活用ください。
  •  

  • ダウンロードに関しては、下記URLより福岡県のホームページへ移動し行ってください。
  • 福岡県HP :URL http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/hairyo-guidebook.html

     

     

    ・施設利用、情報提供、意思表示の受領編

    「施設利用、情報提供、意思表示の受領編」では、各事業分野に共通する基本的な配慮事項を紹介しています。

    施設利用    

     

    ・分野別編

    日常生活と関わりの深い、商品・サービス・役務の提供や医療等、7つの分野別にガイドブックを作成しました。例えば医療の分野では、受付、待合、診察、検査、入院といった場面毎に配慮すべきポイントを紹介しています。

    分野別編

             

    このページに関する
    お問い合わせは

    保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 障害福祉担当
    〒836-8666
    福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎1階)
    電話:0944-41-2663
    お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
    (ID:13339)

    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。