総合トップへ

ジョージア柔道チームの事前キャンプについて

最終更新日:2019年9月17日

2019年8月23日に、大牟田市は、在日ジョージア大使館において、ジョージアオリンピック委員会と東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の柔道競技の事前キャンプの実施に向けての覚書を締結しました。

東京大会でジョージア柔道チームが好成績を残せるようサポートをします。 

 

    【ジョージアオリンピック委員会との調印式】

調印式1

 

調印式2

 

キャンプ地誘致に至る経過

2018年11月9日

柔道が盛んな大牟田市で、柔道強豪国であるジョージアのオリンピック事前キャンプ誘致を、在ジョージア日本大使館の協力を受けて開始しました。
2019年1月29日~31日
ジョージアを訪問し、オリンピック委員会及びジョージア柔道連盟にキャンプ地誘致についての説明を行いました。
7月10日~12日
ジョージア柔道連盟の視察を受けました。

視察

大高

8月23日
キャンプ実施に向けての覚書締結を行いました。
8月30日
大牟田市がジョージアを相手国として「ホストタウン」になりました。別ウィンドウで開きます(外部リンク)
 

覚書について

覚書の内容
東京2020オリンピック競技大会柔道競技の事前合宿候補地として、大牟田市を最優先する。

 

覚書締結時のコメント

ジョージアオリンピック委員会エルグジャ・ベリシビリ第一副委員長のコメント
環境がいい大牟田市で事前キャンプができることに感謝します。柔道競技はジョージアにとってメダル獲得が期待できる重要な競技ですので、メダル獲得のために大牟田市のサポートをお願いしたいと思います。
また、今回東京で行われている世界柔道出場のため来日しています、ジョージア柔道連盟と本日の調印式について十分に協議を行っており、大牟田市でキャンプが行えることを感謝しています。
中尾市長のコメント
世界ランクの上位を占められる、柔道強豪国のジョージアチームの事前キャンプを、大牟田市で行っていただけることができれば、大変光栄なことであります。そのため、大牟田市といたしましても、ジョージアの柔道選手がオリンピック本番において、万全の状態で臨めるよう、全力でサポートさせていただきます。
大会本番中も、市を挙げて、皆さんを全力で応援し、東京オリンピック終了後も、皆さんと継続的かつ発展的な交流が行われることも期待しております。

 

ジョージアとは別ウィンドウで開きます(外部リンク)

ジョージア柔道チームについて別ウィンドウで開きます(外部リンク)


 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

市民協働部 スポーツ推進室
〒836-0872
福岡県大牟田市黄金町1丁目34番地( 生涯学習支援センター1階)
電話:0944-53-1503
ファックス:0944-41-2210
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:13349)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。